花で飾る

今年も今日で終わります。
11月中旬からブログを開設し、多くの方から訪問・コメントをいただきありがとうございました。
掲載した写真は、まだまだ公開するレベルでは有りませんでしたが、今後日々精進しながらと思っております。
当ブログを通して、”越後”の秋から冬への季節の移り変わりを、訪問者の方に少しでも伝えられれば、開設
した甲斐があったかとも思っています。
明日から、又新規一転で掲載予定ですので、よろしくお願いいたします。
皆様の、迎える年が良き年になりますよう祈っております。

年の暮れ最終写真は「花イッパイ」で「明るくパット」で締めます。(来年は明るい年でありますように)
秋に咲いた、我が家の花から!(2012.10.--撮影)

モミジアオイ
12.12.31-1モミジアオイ

ヒメヒマワリ
12.12.31-2ヒメヒマワリ

アメジストセージ
12.12.31-3アアメジスト

ガザニア
12.12.31-4ガザニア

ヒガンバナ
12.12.31-5ヒガンバナ

ヤナギバヒマワリ
12.12.31-6ヤナギバヒマ

セイヨウアサガオ
12.12.31-7アサガオ

ムラサキシキブ
12.12.31-8紫式部

シロシキブ
12.12.31-9白式部

サルスベリ
12.12.31-10サルスベリ
[ 2012/12/31 00:00 ] 新潟県 柏崎市 | TB(0) | CM(4)

冬の川

12月22日に、奥只見ダムを撮りに行った帰り、少し回り道をして清津峡(十日町市)~高柳(柏崎市)を通って帰って来ました。
清津峡は、残念ながら入り口でUターンしましたが、途中道沿いの川の写真を何枚か撮って来ましたので載せます。

冬の雪を融かしながら流れる川です。(清津峡下流2012.12.22撮影)

白い世界を一筋に!
12.12.29-1川

樹木を縫って!
12.12.29-2川

合流を繰り返しながら!
12.12.29-3川

積もる雪を融かしながら!
12.12.29-4川
[ 2012/12/30 00:00 ] 新潟県 津南町 | TB(0) | CM(8)

日に照らされ

一昨日に続き、日中寒さが少し緩んだ時の我が家の庭(猫の額)の様子です。
覆っていた雪が解け、木々の葉先や果実に着いた水滴を撮ってみました。
早く寒波が緩み、穏やかな正月を迎えたいものです。
今日から年末年始休暇で、太陽の下での撮影業務が出来ればと思っていますが、年末年始の天候は“雨””雪“予報です。(寒波の”ユルミ”を願うばかりです)

寒さが緩んだ一刻の木々の様子(2012.12.25撮影)
南天の実についた雫!
12.12.28-1雫

松の葉先についた雫!
12.12.28-2雫

サワラの葉についた雫
12.12.28-3雫

榊の液実についた雫!
12.12.28-4雫

[ 2012/12/29 00:00 ] 新潟県 柏崎市 | TB(0) | CM(0)

頑張る古樹

昨日のニュースで、神奈川県茅ヶ崎市指定の天然記念物「タブノキ」が、所有者によって伐採されたと報道されていました。
天然記念物指定ながら、所有者に維持管理をお任せの、市対応に疑問を感じましたが、これも現実かと思いました。
維持するために私財を相当費やし、枝の落下による近隣の迷惑を考えての伐採、やむを得ない処置か!
古樹の雄姿は、カメラを趣味にする我々には、いろいろな趣を醸し出してくれますが、現実面ではいろいろ問題もあるようです。
2012.12.28-(1)タブノキ  (タブノキ)


急遽今日は、過去に撮った古樹の写真を探し出し掲載します。
柏崎かやぶきの里萩ノ島集落「松尾神社」二本杉(2012.12.01撮影)
12.12.28-1古樹

刈羽村枯木地区の古樹(2012.11.25撮影)
12.12.28-2古樹

12.12.28-3古樹

魚沼スカイライン道沿いの木(昇龍に似ている?・・今年ももう少し)(2012.10.08撮影)
12.12.28-4古樹
[ 2012/12/28 00:00 ] 新潟県 柏崎市 | TB(0) | CM(2)

一刻の緩み

クリスマス寒波で寒い日が続いています。
“クリスマスの夜”はヒュウーヒュウーと鳴く風の音や、時々の突風で二階に居ると家の揺れを感じる程の強風でした。
風の影響で、自宅付近の積雪量は少なかったのですが、山沿いの地方は大雪になったでしょうか?

25日の日中は少し日も差して、気温も少し上がったからでしょうか、木々に積もった雪や、軒先のつららが融けかけ、
寒さも一段落かと思いましたが、もう少し続きそうです。
(週間天気予報の新潟地方は、年末少し気温が上がり“雨”予報、年が明けて又寒波“雪”マーク

寒さが緩んだ一刻の我が家の様子(2012.12.25撮影)
外灯に積もった雪も少し緩んで!
12.12.27-1緩み

軒先の“つらら”の滴!
12.12.27-2緩み

山茶花の雪も解けて!
12.12.27-3緩み

追記
安部新内閣発足
「祝いの花火」(小さく・少し暗雲!・・・期待を込めたシャレ)(柏崎祇園祭りの花火 2012.07.26撮影) 
12.12.27-5番外
来年は大きな花火の写真を載せたいものです。(成果に期待!!)
[ 2012/12/27 00:00 ] 新潟県 柏崎市 | TB(0) | CM(2)

冬に架かる

寒い日が続きます。
クリスマス寒波の影響で、強風のクリスマス“ナイト”でした。
クリスマスが終わると、今年も1週間を切り、師走の慌ただしさがまた襲ってきます。
師走と云うわけではありませんが、昨日は勤めを休みヤボ用!
折角の休暇を利用し撮影をと、ヤボ用を済ませて準備をしていると、風が徐々に強くなってきます。
さらには雨も!“アキラメ”ました!!!

先週土曜日、方々を駆けずり回り撮影した撮した中から“冬に架かる”と題して雪国の2橋を!
清津峡付近の橋 新潟県十日間(2012.12.22撮影)
モノクロ調で!
12.12.26-1冬の橋

雪を縫って川は流れる。
12.12.26-2冬の橋

十日町市~柏崎市へ(高柳の橋 柏崎)(2012.12.22撮影)
雪の中に!
12.12.26-3冬の橋

静かに川は流れる
12.12.26-4冬の橋
[ 2012/12/26 00:00 ] 新潟県 十日町市 | TB(0) | CM(6)

冬にそびえるダム

雪の中の「奥只見ダム」の状景です。
ここに通ずる道は、新潟県魚沼市の湯ノ谷温泉から旧「シルバーライン」を通って奥深い山に建設されています。
シルバーライインは、総延長22.6キロのうち、19本のトンネル延長が18.1キロと云う、トンネルの道です。
冬期間は、もうすぐ雪の量により通行止めになるようですが、その前に「冬のダム」が見たく行ってきました。

奥只見ダムは、新潟県と福島県の県境に跨る発電用ダムです。
堤高157.0m(日本で第5位)重力式コンクリートダムでは日本一高いダムです。

奥只見ダム(2012.12.22撮影)
雪に閉ざされたダム
12.12.25-1ダム

ひっそりと立ち立ちはだかる
12.12.25-2ダム

堤高157mの勇姿
12.12.25-3ダム

豪雪の山間にそびえる
12.12.25-4ダム

人々の暮らしのために
12.12.25-5ダム
[ 2012/12/25 00:00 ] 新潟県 魚沼市 | TB(0) | CM(2)

クリスマスの光

今日は“クリスマスイブ”
「国営越後丘陵公園」ウインターイルミネーション第2段です。
今回は屋内の電飾を撮影しました。
屋内外総計35万個のLSD電球を使っての“クリスマスプレゼント”
屋内には、高さ7.5mのペットボトルを使った“エコ”ツリーや、7000個のシャンパングラスを積み重ねた“電飾ツリー”
多くの人が訪れ、魅了されているようでした。

「国営越後丘陵公園」のイルミネーション 長岡(2012.12.23撮影)
星に願いを!
12.12.24-1イルミネーシ

緑のペットボトル”ツインツリー”
12.12.24-2イルミネーシ

高さ7.5mペットボトルツリー
12.12.24-3イルミネーシ

光のシャワー
12.12.24-4イルミネーシ

7500個の”シャンパングラス”ツリー
12.12.24-5イルミネーシ

積み重なるシャンパングラス
12.12.24-6イルミネーシ

整然と並んだ”緑”
12.12.24-7イルミネーシ

金色に祈る!
12.12.24-8イルミネーシ
 
[ 2012/12/24 00:00 ] 新潟県 長岡市 | TB(0) | CM(6)

縦横に走る

現在は全て休止している「柏崎刈羽原子力発電所」=7基の原子炉が発生する合計出力821万kw(世界最大の原子力発電所)
「福島第一原子力発電所」の事故から、原子力発電の是非については、先の衆院選挙の一つの争点となり、活断層問題も浮上し
今後の原発政策をどうすすめるのか?再稼動は?代替えエネルギーは?福島の教訓を後生のために生かさねばなりません。

この発電所で発電された電気は、「新新潟幹線」及び「南新潟幹線」2系統の送電幹線により関東方面に送電されます。
発電所から縦横に走る送電線の様子です。

送電線(2012.12.22撮影)
発電所から
12.12.23-1鉄塔

多くの鉄塔を中継し
12.12.23-2鉄塔

山に向かう
12.12.23-3鉄塔

12.12.23-4鉄塔
[ 2012/12/23 00:00 ] 新潟県 柏崎市 | TB(0) | CM(0)

松の強さ

「陸前高田の1本松」
奇跡の1本松として、東日本大震災で被災された方々に、頑張ろうとする力と希望を与えてくれたことでしょう。
復興のシンボルとして、多くの人たちに“頑張った”姿を見せてくれましたが、
残念ながら自立困難とされモニュメントとして後生に残されることとなりました。

海辺には防砂林として、多くの松林があります。
強い風に耐えながら、生き抜く松の生命力には感心させられます。

海沿いの高台で見かけた、松の強さの一端です。

海辺の松 柏崎御立(おのだち)公園から(2012.12.15撮影)
風に耐えて(カメラは、水平です。左からの海風で松が曲がって育ちます。)
12.12.22-1松

右が海方向!
12.12.22-2松

みんな曲がって!(風に耐えて陸側々々に成長していきます)
12.12.22-3松

自然は強い!!!
12.12.22-4松
[ 2012/12/22 00:00 ] 新潟県 柏崎市 | TB(0) | CM(2)

秋の虫達

またまたチョット一服!!
10月下旬、我が家に住み着いていた?虫たちの表情です。

遅咲き“朝顔”に住み着いた?カマキリ(2012.10.27撮影)
なにみてゴザル!
12.12.21-1カマキリ

ポーズをとって!
12.12.21-2カマキリ

秋咲き桜に止まった蝶(2012.10.27撮影)
蜜はおいしいか?
12.12.21-3蝶

少しUPで表情を!
12.12.21-4蝶

何するトンボ!(2012.10.27撮影)
少し警戒か!
12.12.21-5トンボ

来年、この庭にまたトンボが飛び交うために?
12.12.21-6トンボ
[ 2012/12/21 00:00 ] 新潟県 柏崎市 | TB(0) | CM(2)

春を待つ

昨日に続き「柏崎マーリーナ」の船の様子です。
春になれば、この港から一斉に船出するであろう船も、今は陸生活です。
「陸に上がった河童」ではありませんが、春になれば十分な威力を発揮するための、一時の休息でしょうか?

「柏崎マリーナ」(2012.12.15撮影)
春の出番を待つ!
12.12.20-1マリーナ

船の団欒
12.12.20-2マリーナ

冬の休息
12.12.20-3マリーナ

帆を下げて
12.12.20-4マリーナ
[ 2012/12/20 00:00 ] 新潟県 柏崎市 | TB(0) | CM(0)

海の冬ゴモリ

冬はマリーンスポーツもお休みです。
「柏崎マリーナ」には、小型レジャー船が200隻近く陸に上がって、シーズンが来るまで
静かな時を過ごしています。

柏崎マリーナは、”鯨波海水浴場””東の輪海水浴場”の間にあり、新潟県内初の本格的公共マリーナとして1990年にオープンしました。
2008年には、北陸・信越地方で初めてとなる「海の駅」に登録され、海洋レジャーの拠点施設となっています。

「柏崎マリ-ナ」冬を過ごす(2012.12.15撮影)
12.12.19-1マリーナ

海は誰も居ない
12.12.19-2マリーナ

冬の休息
12.12.19-3マリーナ

穏やかな海を眺めて
12.12.19-4マリーナ
[ 2012/12/19 00:00 ] 新潟県 柏崎市 | TB(0) | CM(2)

仰ぐ橋

橋”シリーズ第二弾です。
昨日の「胞姫橋」「上輪大橋」から国道8号線を柏崎市街地に向かい約4kmに「米山大橋」があります。
橋脚53m,建設当時(竣工1967年)橋脚53mは、日本一とも言われた橋です。

「米山大橋」(2012.12.15撮影)
12.12.18-1米山大橋

下に信越本線”青海川駅”(日本一海に近い駅)
12.12.18-2米山大橋

下から仰ぐ
12.12.18-3米山大橋

日を受けて
12.12.18-4米山大橋
[ 2012/12/18 00:00 ] 新潟県 柏崎市 | TB(0) | CM(4)

橋渡し

「衆議院選挙」3年3ヶ月続いた民主党政権も今日から自・公政権に!
日本は良くなるのか?“景気”“社会保障”“消費税”“原発”“外交”“憲法改正”“etc”“etc”!!
非常に難しい舵取りになります。
ともかく国民の審判により決まった「新政権」には頑張っていただき、期待の持てる政策の実行をお願いするばかりです。

今日は、国道8号線(京都⇔新潟)に架かる「胞姫橋」「上輪大橋」です。
柏崎の西口(上越方面からの)に架かるアーチ型の橋が2橋続いて架かっています。
「胞姫橋」から「上輪大橋」への“橋渡し!!シャレではありませんが政権交代の“橋渡し”に希望したいと思います。

柏崎市「胞姫橋」・「上輪大橋」(2012.12.15撮影)
高台に架かるふたつの橋(右=胞姫橋 左=上輪大橋)
12.12.17-1橋

光りを受けて「胞姫橋」
12.12.17-2胞姫橋

「上輪大橋」
12.12.17-3上輪大橋

逆方向から(下は信越本線)
12.12.17-4橋
[ 2012/12/17 00:00 ] 新潟県 柏崎市 | TB(0) | CM(2)

雪中のひかり

お隣の長岡市「国営越後丘陵公園」で“ウインターイルミネーション”をやっていると聞き、
14日(金)勤めから帰宅後 “晩酌”も後回しに、早速行ってきました。
この公園は大きな芝生地や、バラ園・四季折々の花壇スペースがあり北陸地方では唯一の国営公園です。
雪も一段落し、子供連れや、若いカップル、年配の夫婦など多くの人が見学に来ていました。(カメラマンも数名)
屋外と屋内併せて、LED電球35万球のイルミネーションです。
今回は、屋外のみの撮影で帰ってきましたが、屋内には、7000個のシャンパングラスツリーや、高さ7.5mのペットボトルツリーがあったみたいです。
(来週も開催しているようですのでもう一回行くかも!)

長岡市”国営越後丘陵公園”ウインターイルミネーション(2012.12.14撮影)
公園入り口
12.12.16-1雪中の光

光りが迎えてくれる
12.12.16-2雪中の光

12.12.16-3雪中の光

メーンストリート
12.12.16-4雪中の光

雪中に浮かぶ光りのアート
12.12.16-5雪中の光

12.12.16-6雪中の光

12.12.16-7雪中の光

チョット遊んで
12.12.16-8雪中の光
[ 2012/12/16 00:00 ] 新潟県 長岡市 | TB(0) | CM(0)

懐かしき秋

しばらく続いた“冬型気圧配置”も少し緩み、少し青空も拝めるようになってきました。
冬の光景ばかりを公開し、何とか青空景色を撮りたいと思っていますが、なかなか撮影業務に入れません。
太平洋側・西日本の皆さんのブログを拝見していて、まだまだ秋色の状景をうらやましく思っています。

チョット一服!!(冬を忘れて、秋を懐かしむ)

柏崎の紅葉が始まった今秋撮影した写真を思い出し、「懐かしき秋」と題して、11月初旬の写真です。
ブログ“初”公開の11月11日に紹介しました、柏崎“松雲山荘”紅葉の「ライトアップ版」です。
(ようやく色つき始めた頃の紅葉です)

柏崎市松雲山荘“紅葉ライトアップ”(2012.11.04撮影)
月とのコラボ
12.12.15-1秋を懐かしむ

ライトに照らされ
12.12.15-2秋を懐かしむ

少し早い紅葉
12.12.15-3秋を懐かしむ

紅と緑の対決
12.12.15-4秋を懐かしむ
[ 2012/12/15 00:00 ] 新潟県 柏崎市 | TB(0) | CM(4)

風に立ち向かう

三日連続「柏崎市椎谷海岸」からのUPです。
海岸に飛ぶ一羽の“トンビ”が、強風の中飛んでいましたので撮影しました。
風に煽られ流されながらも、必死?に風に向かって飛ぼうとしている様子が逞しく感じました。
海に向かって飛んでいきますが、すぐに風に煽られ体の向きとは逆方向にとばされていきます。
水平線上を飛んでいたと思う瞬間、空高く吹上げられたり、右方向に向かっていたと思えば左に飛ばされたり、
望遠で撮ろうとしていたため、ファインダーでとらえた思ってもすぐ消えます。
強風で、小生の体も“ブレブレ”で、被写体も上下左右に飛ばされて、ピントは“NG”です。

柏崎市椎谷海岸に飛ぶ”トンビ” (2012.12.08撮影)
風に向かって
12.12.14-1風に向かう

すぐ風に煽られ
12.12.14-2風に向かう

空に吹き上げられる
12.12.14-3風に向かう

それでも向かう
12.12.14-4風に向かう
[ 2012/12/14 00:00 ] 新潟県 柏崎市 | TB(0) | CM(6)

波に耐えて

昨日UPの「波の花」を撮影した柏崎市椎谷には、高台に「椎谷鼻灯台」と「夕日が丘公園」があります。
その「夕陽が丘公園」から怒濤の海の状態を撮影しました。
海沿いの高台のため、この日の風は尋常ではなく、立っているのがやっとと云う状態でした。
こんな風を始終受けながら生活をする海辺の町の「冬の一端」です。

柏崎市椎谷海岸 夕日が丘公園から(2012.12.08撮影)
12.12.13-1風に耐える

波はテトラポットを越えて。
12.12.13-2風に耐える

海辺の町に砕け散る。
12.12.13-3風に耐える
[ 2012/12/13 00:00 ] 新潟県 柏崎市 | TB(0) | CM(4)

海辺に咲く

全国各地で雪のニュースが入ってきます。
猛暑の夏から厳冬へと、ここ数年異常気候が続いています。
今日の天気予報も、新潟は雪だるま(しかも雪降るマーク)→これは大雪予測とか!
今週末までこんな日が続きそうです。

風の強い日、海沿いの地で見た現象を撮りました。
これは何でしょう?雪景色ではありません。

波の花です。 柏崎市椎谷海岸で(2012.12.08撮影)
12.12.12-1波の華

海水が風によって泡立ちます
12.12.12-2波の華

岸に集まって来る塩の泡
12.12.12-3波の華

風で舞う波の花
もっと舞う様子を撮りたかったのですが、風が強すぎて「舞うと云うより飛んでいく感じ」技術不足でした!!
(しかも風圧に耐えられずピンボケです)
12.12.12-4波の華


[ 2012/12/12 00:00 ] 新潟県 柏崎市 | TB(0) | CM(4)

熱き橋

ブログを開設して1ヶ月たちました。
カメラを初めて半年足らずで「怖いもの知らずに」毎日“愚作”の写真を公開してきましたが、
多くの方から訪問して頂きありがとうございます。
ふるさと越後の近況を中心に今後も続けて行きたいと思っております、今後もよろしくご支援
お願いいたします。

“寒い”冬の様子をしばらく続けてきましたが、今日は“熱い!”数枚をUPします。
三島郡出雲崎町(昨年ジェロの“海雪”で有名になりました)にある天領の里です。
ここに「夕凪の橋」と云う、海にせり出し夕日をきれいに望める橋があります。
この橋は、“恋人たちの橋”とも云われ“熱い二人の”デートスポットにもなっています。
恋人達が、橋の欄干に鎖を結び鍵をかけると恋が成就するそうです。
残念ながらこの日、夕日は見ることが出来ませんでしたが、熱き二人の“熱景”遠くから写しました。
(青春時代を思い出しながら?)

出雲崎町「夕凪の橋」(2012.11.22撮影)
12.12.11-1恋人の橋

二人だけの時間
12.12.11-2恋人の橋

熱き光景に海も染まる
12.12.11-3恋人の橋
[ 2012/12/11 00:00 ] 新潟県 出雲崎町 | TB(0) | CM(4)

雪の展望台

昨日(12/09日)は、とうとう我が家も今期初めての除雪作業でした。
まだ「根雪」にはならないと思いますが、今年はチョット早い気がします。
除雪機にガソリンを入れ、試運転を兼ねて玄関先を除雪、時々近くで雷が光っています。
今週末までは、雪マークの天気予報です。

小千谷市山本山展望台「沢山(たくさん)ポケットパーク」
晴れた日は、越後三山、遠くは会津の山並みが見渡せ、眼下には信濃川・越後平野が見渡せる撮影スポットです。
この日は、早朝のせいもありましたが、閑散たる状景で、雪を踏みしめた跡が全くありませんでした。
雪の積り様に寄っては、ここまで来るのはもうムリかも知れません。

「沢山ポケットパーク」小千谷市山本山高原(2012.12.08撮影)
12.12.10-1雪の展望台

見晴らし掲示板も寂しく!
12.12.10-2雪の展望台

誰も居ないベンチ
12.12.10-3雪の展望台

景色が何も見えない!!
12.12.10-4雪の展望台

展望台に通じる道
登り方向
12.12.10-5雪の展望台

下り方向
12.12.10-6雪の展望台
[ 2012/12/10 00:00 ] 新潟県 小千谷市 | TB(0) | CM(2)

里の朝

爆弾低気圧の合間を縫って、かすかな朝焼けの朝を迎えた里の景色。

休日しかできない朝撮影に出かけようと早起きしたが、残念ながら柏崎は雨。
折角だからと、隣の小千谷市山本山に向かう。
目的地に到着したものの、やはり雨模様で、展望台から下を眺めても、何も見えない。
かすかに東の山が朱くなってきたので、撮せる状態になるまで待って撮った数枚です。

小千谷市山本山より(2012.12.08撮影)
12.12.09-1雪国の朝

遠くの山々にかすかな朝日
12.12.09-2雪国の朝

夜明けを待つ”木”
12.12.09-3雪国の朝

今日は「晴れたらいいな!」
12.12.09-4雪国の朝
[ 2012/12/09 00:00 ] 新潟県 小千谷市 | TB(0) | CM(8)

荒海

松尾芭蕉の句「荒海や佐渡によこたふ天河」
北原白秋の「砂山」♪~「海は荒海 向ふは佐渡よ すずめ啼け啼け もう日はくれた みんな呼べ呼べ お星さまでたぞ」~♪

こんな情景を思い起こせる柏崎”中央海岸”です。
残念ながらこの日は佐渡は見えませんでしたが!(晴れた日には佐渡が望めます)
機会があれば、晴れた日、佐渡が見える荒波を撮りたいと思っています。(天の川はムリです!)

実は!
芭蕉のこの句は“夏”7月8日に詠まれたとの説があり、この時期 “荒波”には、あまりならなく“写生句”と言われています。
さらにこの句を詠んだのは、隣の上越市”高田”とか!
北原白秋「砂山」も、新潟市の”寄居浜”で作ったとか!(残念)
しかし!
この歌を知っていますか。
♪~[青い月夜の浜辺には 親を探して鳴く鳥が 波の国から生まれ出る 濡れた翼の銀の色]~♪
「浜千鳥」
この歌の作詞者”鹿島鳴秋"は、柏崎のこの浜”中央海岸”(昔名=裏浜)を見て作ったそうです。
(この海岸の海浜公園には「浜千鳥」の歌碑が有ります)

荒海“ 柏崎市「中央海岸」にて (2012.12.05撮影)
12.12.08-1初冬の海

冬の波
12.12.08-2初冬の海


砕ける波
12.12.08-3初冬の海

この先に”佐渡”があります。
12.12.08-4初冬の海
[ 2012/12/08 00:00 ] 新潟県 柏崎市 | TB(0) | CM(8)

光りと木

冬近くなると、徐々に日の光が“恋”しくなります。
今日は、久しぶりの天候を狙って撮した“日の光”と“木”をテーマにした「遊びの」写真です。
逆光で撮ると、なかなか前景が黒くなり、思うように撮れませんでしたが“遊び”と思ってご容赦下さい!!!

夕日と松
12.12.07-1光と木

夕日を遮る
12.12.07-2光と木

光りに浮かぶ
12.12.07-3光と木

番外 日を受けた”ススキ”
12.12.07-4光とススキ
[ 2012/12/07 00:00 ] 新潟県 柏崎市 | TB(0) | CM(4)

白鳥の(湖×)田んぼ

以前UPした柏崎市「長峰の大池」に再度白鳥撮りに出かけましたが、途中の“田んぼ”に白鳥がイッパイ!
今日はここでの撮影に急遽切り替え“白鳥の湖”ならず“白鳥の田んぼ”です。
「長峰の大池」に飛来している白鳥が、餌を求めて近くの田んぼに出勤中でした。

白鳥のイメージとはチョット違うかも知れませんが、生き抜くための営みを感じます。

食を求めて(柏崎市長峰の大池近隣地)(2012.11.?撮影)
12.12.06-1白鳥

立ち姿もカワイイ!
12.12.06-2白鳥

白鳥の田んぼの光景
12.12.06-3白鳥

獲物を探して
12.12.06-4白鳥

ヨシ!!
12.12.06-5白鳥

[ 2012/12/06 00:00 ] 新潟県 柏崎市 | TB(0) | CM(4)

雪降る棚田

12月1日柏崎“初雪の日”雪の姿を見てから「スノータイヤ」に交換。
冬囲いもまだ終わっていないけれど、「雪降り状態では」と作業断念!!!
冬景色を撮りにと、交換したばかりのタイヤの威力で方々を駆けずり廻りました。

十日町市松代「雪の“棚田”」へと向かいましたが、目的地に向かうにつれ雪の量がどんどん増えます。
雪道の輪立ち(タイヤの跡)に沿って現地到着。
雪の降りしきる中で撮った写真です。(レンズに、降る雪が付着“苦労!苦労!)

十日町松代 雪降る“星峠の棚田” (2012.12.01撮影)
12.12.05-1冬の棚田

十日町松代 雪降る“蒲生の棚田” (2012.12.01撮影)
12.12.05-2冬の棚田

十日町松代 雪降る“儀明の棚田” (2012.12.01撮影)
12.12.05-3冬の棚田

帰り道 名も無き棚田(銀世界の中、一点の紅葉樹の色が引き立つ)
12.12.05-4冬の棚田


[ 2012/12/05 00:00 ] 新潟県 十日町市 | TB(0) | CM(6)

初冬の海

“夏“海水浴客で賑わった柏崎の海も、冬になると表情を変えます。
日本海の“荒波”には、まだまだ表現不足ですが、冬の初めの柏崎の海の様子です。
初雪の降った12月1日、雪景色と海の波立ちを撮りまくった中から!!

初冬の海(柏崎市西鯨波にて) (2012.12.01撮影)
12.12.04-1冬の海

冬の波
12.12.04-2冬の海


冬のしぶき
12.12.04-3冬の海
[ 2012/12/04 00:00 ] 新潟県 柏崎市 | TB(0) | CM(2)

懐かしき「かやぶき」

雪が降ったら行こうと思っていた「かやぶき屋根」集落に行ってきました。
柏崎市「荻ノ島」集落です。
以前訪問した時(まだカメラに興味を持っていなかった時期)に比べ「かやぶき屋根」の家が、
少なくなったようです。(数軒しか残っていない・・・残念です)

時代の流れとともにこのような民家も、急速に少なくなったと思います。
子供時代(何十年前?)、私の家もかやぶき屋根でした。
遠い昔、各家々でそれぞれ「萱山」を持っており、屋根修復や、冬の風当て防止に萱を使っていました。
私の家でもまだ「萱山」と称する土地がありますが、もう何十年と行ったことがありません。

時代の流れや、「中越沖地震」などでの損傷で、この「かやぶきの里」荻ノ島集落も変わろうとしているようです。
全国的にも有名な「白川郷合掌造り」のように世界遺産ともなれば違うでしょうが、維持管理が非常に難しいと思います。

懐かしい思いを込めて「かやぶきの里“荻ノ島”」(柏崎市) (2012.12.01撮影)
12.12.03-1古民家

静かなたたずまい
12.12.03-2古民家

冬の豪雪に備えて
12.12.03-3古民家


[ 2012/12/03 19:43 ] 新潟県 柏崎市 | TB(0) | CM(4)

初雪「冬の訪れ」

12月に入り、とうとう初雪です。
昨日(12/01)は、朝の雨が次第に雪に変わり晩秋の間もなく、冬の訪れです。
愛車のタイヤを冬用に履き替え、午後は早速「冬景色」の撮影に!!
「秋景色」の写真をもう少し撮りたかったのですが、仕事の都合で晩秋は取り損ねてしまいました。
これから“冬”にスイッチ「ON」です。

柏崎の近況「初雪景色」です。(2012.12.01撮影)

雪を咲かせて
12.12.02-1雪景色

雪木
12.12.02-2雪景色

全てが白に染まり
12.12.02-3雪景色

棚田の縁取り
12.12.02-4雪景色
[ 2012/12/02 00:00 ] 新潟県 柏崎市 | TB(0) | CM(0)

米山と秋空

なかなか撮影業務が出来なく、公開写真の“ネタ切れ”時は、「米山」の絵でお茶を濁します。
柏崎市石川地区から、長岡市小国八王子地区に通じる、県道262号線があります。
地図上では「石川峠」と云い、「米山」・「柏崎市街」天候が良ければ「佐渡」も望める山道です。

晩秋の晴れた日、久しぶりに「石川峠」を登って(車で)見ました。
今日はその細い山道を、撮影ポイントを探しながら、通道にそのまま車を止めて撮影した写真です。

“峠”頂上へと向かう途中(頂上付近で)撮影中の“カメラマン”さんとすれ違いました。(私と違い“ベテラン風”)
→良い写真が撮れたでしょうか!

「米山と秋空」のテーマで掲載です。

秋晴れの日の「米山」です(柏崎石川峠にて) (2012.11.?撮影)
12.12.01-1米山
(左の山は”刈羽黒姫”です)

”ススキ”の間から-1
12.12.01-2米山

”ススキ”の間から-2
12.12.01-3米山

小枝の隙間から
12.12.01-4米山
[ 2012/12/01 06:00 ] 新潟県 柏崎市 | TB(0) | CM(4)