霧の里

2016.04.20住む
新潟県小千谷市塩殿から(2016.04.09撮影)

今週末は所用で撮影活動が出来ませんので、ネタ切れ回避で同じような写真が続きます。(申し訳ございません)
朝霧は家々も包み込み、天空の里とも思えるような景色を作ります。

霧に包まれた里です。

PS:眺める里は小千谷市川井地区、2004.10.23日に発生した中越地震(震度6強)の震源地に近く、大きな被害にあった地域です。
  12年経っても当時の苦しみは消すことが出来ませんが、苦しみの中頑張って、現在は平穏な生活を取り戻しています。
  今回の熊本・九周地方の震災が早く終息し、安らかな生活に戻れることを願っています。(頑張って下さい!)

Blog・Rankingに参加しています。
皆さんの応援が励みになります。 クリックよろしくお願い致します。

にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
ありがとうございます
[ 2016/04/20 00:00 ] 新潟県 小千谷市 | TB(0) | CM(26)

おはようございます^^

こうして見ると、霧って不思議な現象に感じますね
点在する家でも、1階が覆われてて、2階は晴れている
同じ家の中で、不思議体験が出来そうです^^

地震の影響は長く残ってしまいますね
家が崩れ、地形も変わり、生活の基盤が根こそぎ被害を
受けてしまいます
被災者のご心痛は想像できません・・・
でも、日本に住む者は殆ど、地震を体験しています。
その怖さを実感できる国民・・・皆で助け合って
いきたいものですね
[ 2016/04/20 06:12 ] [ 編集 ]

おはようございます
いえいえ、素晴らしいのは何度見てもいいものです
ましてや、このような情景は、滅多に見られないもの
次回も、楽しみにしています

[ 2016/04/20 06:41 ] [ 編集 ]

おはようございます。

天空の里素敵です。
こちらでそのような風景は見ることが出来ません★
[ 2016/04/20 06:59 ] [ 編集 ]

人家がある辺りは若干霧の掛かり方が薄くなるようです。均一にならないところが不思議な感じです。
[ 2016/04/20 07:07 ] [ 編集 ]

おはようございます。
今日は首を伸ばして覗き込みました。
見える訳ないのにねぇ~・・・(笑)
素敵な天空の里ですね。

お忙しいのですね。
蔵出し、総ざらえでも・・・。

昨日の
>霧に浮かぶ1本の松の木!
貴婦人でなければ立派な松、貴公子では?
”ポチッ”
[ 2016/04/20 09:27 ] [ 編集 ]

こんにちは
ほんとに雲の上に浮かんでいるようですね。
S-masaさんが霧の写真を撮られるときは
朝早い時間のようですので空気は冷たいのですね?
私のところでは霧が出る時は雨上がりの
生暖かい空気のときです。
毎日素敵な写真を見させていただいていますが
ありがとうございます。

熊本は相変わらず余震がありますが、
離れていても気持ち悪さが伝わりますので、
現地はどんなに怖いかと…
広島も土曜の夜中に一度揺れました。
普通の暮らしほど幸せなことはありませんね。
[ 2016/04/20 11:43 ] [ 編集 ]

くろすけ さん

コメントありがとうございます。
霧を家の中から見るとどんな光景になっているのでしょう?
遠くから見ていますので、白く覆われたように見えますが、
霧の中では靄がかかったようにしか見えないのでしょうね。
日本に住んでいると、いつ今回のような地震に遭遇してもおかしくないですね。
強い地震に揺れた経験が無いと、あの怖さは分からないでしょうね。
[ 2016/04/20 12:13 ] [ 編集 ]

山親父 さん

コメントありがとうございます。
朝霧の景色もそろそろネタ切れです。(笑)
今日は霧の発生しそうな気象条件でしたので、早朝出勤してきましたが、
霧が濃すぎて、周りが見えないほどで退散してきました。
こんな日もあります・・・(泣)
[ 2016/04/20 12:14 ] [ 編集 ]

チップママ さん

コメントありがとうございます。
霧が発生しやすい所も限られていますね。
それも気象条件が良くて見られる光景です。
私も何度かは無駄足を運んでいます。
[ 2016/04/20 12:14 ] [ 編集 ]

AzTak さん

コメントありがとうございます。
この日は霧の流れが速く、家が浮かび上がったときを狙って撮っています。
少し前は人家も全く見えないほどになっていました
[ 2016/04/20 12:15 ] [ 編集 ]

お散歩うさぎさん さん

コメントありがとうございます。
何を覗いて見たかったのでしょう?
霧はいろんな景色を作ってくれますね。
昨日の松は「貴公子」ですか?
いろんな方からいろんな名を付けていただき、
松も喜んでいるでしょう(笑)
[ 2016/04/20 12:15 ] [ 編集 ]

ami さん

コメントありがとうございます。
この時期の朝はまだ寒いですね。
防寒着姿で、手袋履いての撮影です。
雨上がりの翌朝は晴れで気温が下がった日に霧は出やすいようです。
今日はそんな日!行ってきましたが、霧が濃すぎて退散してきました。
薄くて文句!濃くて文句!贅沢ですね。

そちらも揺れましたか?
大きな地震でしたので広範囲だったのでしょうね。
地震はもうコリゴリです。
[ 2016/04/20 12:20 ] [ 編集 ]

こんにちは~

霞に浮かぶ里山は
天空のお城じゃなくって天空の里山ですね
幻想的な景色は何時見てもいいわ~

京都も桜が終り、新緑の季節となってきました
これからまた緑を追っかけます。。
[ 2016/04/20 12:55 ] [ 編集 ]

こんばんは。
霧の里、ステキですね。
覆いつくす霧と風景
が、魅了されますね。
まだ、こちらも復興途中。
そちらも、酷い被害に
あっておりますよね。
こういうニュースが
流れるたびに、ただ
祈るばかりです。
[ 2016/04/20 19:43 ] [ 編集 ]

:S-masaさん

まさしく 天空の里ですね
霧の中に浮かぶ 街並
それは 幻想的で美しいです
[ 2016/04/20 19:44 ] [ 編集 ]

こんばんは!
霧に包まれた景色が撮りたいと思いつつもなかなかできない、
[ 2016/04/20 20:44 ] [ 編集 ]

こんばんは☆

里を優しく包む霧に惹かれます
和む幻想的な光景ですね
濃霧の中での撮影 怖くないでしょうか
お怪我などしませんように・・☆




[ 2016/04/20 21:24 ] [ 編集 ]

こんばんは

今日も見事な霧の画ですね~
天空の里、そのものです!
関西には有名な竹田城があるのですが
行ったことが無いです(^^;

ポチッ全部!
[ 2016/04/20 22:59 ] [ 編集 ]

masaさん

これぞ...というmasaさんの写真。
前の木立ちもいいし
中央部分もインパクトあるし
こんなのが撮れっこないけど
撮れたらどんな気分なんでしょうかねぇ。
[ 2016/04/20 23:03 ] [ 編集 ]

noko さん

コメントありがとうございます。
朝霧が天空の地を作ってくれていました。
朝一時の幻想的な景色です。

当地の桜も最終段階です。遅咲きの八重がまだ残っているくらいでしょうか。
[ 2016/04/21 12:39 ] [ 編集 ]

rupuria さん

コメントありがとうございます。
霧に包まれると良い景色になってくれます。
震災の前には戻ることが出来ないかも知れませんが、
ここも平穏な暮らしに戻っています。
九州は長く揺れが残っているようですが、
早く治まってくれると良いですね。
[ 2016/04/21 12:42 ] [ 編集 ]

りら さん

コメントありがとうございます。
霧が幻想的な景色にしてくれています。
天空!そんな景色に見えたひとときです。
[ 2016/04/21 12:44 ] [ 編集 ]

尾張小牧 さん

コメントありがとうございます。
霧も気象条件と、地形によりますから、
なかなか遭遇しませんね。
私も狙って出向いても3割位の確率です。
[ 2016/04/21 12:47 ] [ 編集 ]

トマトの夢3 さん

コメントありがとうございます。
霧が里を包み込んで、朝を迎えています。
霧の中に入ると湿気を帯びた空気が爽やかにさえ感じるときがあります。

ここは初めて訪れた撮影地ですが、三脚を立てた1m先は崖になっています。
以前ここからカメラマンが落ちたことがあったそうです。
でもそんなに恐いところではありませんよ。
[ 2016/04/21 12:52 ] [ 編集 ]

土佐けん さん

コメントありがとうございます。
竹田城は行ってみたいところですが、当地からは遠いですね。
最近は有名になって多くの人が訪れているようですね。
行って必ず天空の城が見られるものでもないし、運が良くないとダメですね。
[ 2016/04/21 12:55 ] [ 編集 ]

az さん

コメントありがとうございます。
霧が良い景色を作ってくれました。
この日は霧の流れが速いでしたので、
家並みが浮き出たところを狙って撮っただけです。
正直、撮っているときは良く出来映えが分りません。
自宅に帰ってようやく出来映え確認です。(笑)
気に入った写真になっているときは嬉しいですね。
[ 2016/04/21 12:59 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://yuuyuuetigo.blog.fc2.com/tb.php/1242-fa177d86