山の小屋

2018.02.19山の小屋
新潟県十日町市松代「蒲生の棚田」から(2018.02.10撮影)

数年前までここの棚田のシンボルとして1本の杉の木がありました。
その木が枯れて、代わって利用させてもらっている物置小屋です。

本日コメント欄を開きます。  (コメントへのお礼が遅れがちですがご容赦ください)
[ 2018/02/19 00:00 ] 新潟県 十日町市 | TB(-) | CM(12)

おはようございます

言われてみればシンボルの木がなくなりましたね。
あの杉の木があった頃は山古志の棚田と間違える人がたくさんいたので
今にしてみれば滑稽に思われます。
雪の色がただ白いだけではなくピンクに染まっていてそれが
やさしく和んだ雰囲気にしてくれます。
うっとりします。
[ 2018/02/19 05:10 ] [ 編集 ]

物置小屋一つだけでもアクセントが衝くものなんですねえ。いつもながら、考えた画面構成にしているんだと驚かされます。
[ 2018/02/19 06:19 ] [ 編集 ]

まるで童話の世界だわ。あの小屋にはねぇ~~

そこまでをどうやっていくのかなぁ~~知らないがいいですね。どうやったらね。
こういう写真が写せるのかなぁ~私には、全てが未知の世界だわぁ~~ああ~うつくしい。なにも知らないがいいですね。
いいなぁ^と見させていただけて幸せ。
ウサギがピョンピョン飛んで出てくるのかしら?大自然って不思議であり、夢のよう~~~美しいままの世界。あーあ、静かなただただ美しい美しい大自然。
今朝も有り難いなぁ~ありがとうございます。
[ 2018/02/19 09:47 ] [ 編集 ]

こんばんは。
柔らかな雪の肌を照らす朝の光がいいですねー。
今風景を夢見ても此方ではなかなか見つからないものです。
この光景は素敵な雰囲気です。
[ 2018/02/19 18:13 ] [ 編集 ]

ヒデの気まぐれ写真日記 さん

コメントありがとうございます。
山古志の木はまだ頑張っていますね。
朝の焼け色を映す雪は、寒い日でも温もりを感じますね。
[ 2018/02/19 20:44 ] [ 編集 ]

AzTak さん

コメントありがとうございます。
人工物と思って、多くのカメラマンさんは気に留めないかもしれません。
僕だけが勝手に”シンボル”に決めています。(笑)
[ 2018/02/19 20:47 ] [ 編集 ]

フェアリーグランマ さん

コメントありがとうございます。
冬はこの小屋に行く人もいないですね。
農作業の物置になっているのでしょうか、冬はひっそりと佇んでいます。
ここの棚田にはウサギの足跡、狸やイタチの足跡が多くありますよ。
(この写真の中にも足跡が・・・)
[ 2018/02/19 20:51 ] [ 編集 ]

こんばんは♪

雪深い棚田と小屋を柔らかな朝の光があたり
ぬくもり感じる素敵な絵になってると思います^^
[ 2018/02/19 20:54 ] [ 編集 ]

さゆうさん さん

コメントありがとうございます。
新雪が積もった後で表面が柔らかく見えますね。
朝の色が綺麗に雪に映ってくれました。
[ 2018/02/19 20:55 ] [ 編集 ]

なべ さん

コメントありがとうございます。
朝の色が寒い冬も暖かく見せてくれます。
ひっそりと佇む小屋も雪の重さに耐えながら春を待っています。
[ 2018/02/19 21:06 ] [ 編集 ]

こんばんは

雪がピンク色に輝いている場所がありますね。
朝日が当たっているんでしょうね~
小さな物置小屋、良い味を出していますね!
[ 2018/02/19 21:46 ] [ 編集 ]

土佐けん さん

コメントありがとうございます。
朝日が白い雪をピンクに染めています。
もう少し我慢すれば”春”
雪解けを待つ小屋です。
[ 2018/02/20 21:41 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する