原風景棚田

《原風景棚田》   十日町市松代・松之山 (2013.05.某日撮影)
昨日の多くのカメラマンが訪れる有名棚田に続き、十日町市に点在する棚田です。
5月に訪れた十日町市松代・松之山の道すがら撮した雪解け後の名も無き棚田を載せます。

ひっそりと春を待つ棚田です。

13.05.30-1棚田

13.05.30-2棚田

13.05.30-3棚田

Blog・Rankingに参加しています。
よろしかったら “ポチ”お願いします。


にほんブログ村 写真ブログへ
ありがとうございます
[ 2013/05/30 00:00 ] 新潟県 十日町市 | TB(0) | CM(12)

このような景色、いいですねー。
すっごく空気がおいしそうです。
曲がりくねった道も素敵です (^-^)
[ 2013/05/30 02:47 ] [ 編集 ]

棚田が見直されて各地で保存される傾向にありますね
小さな進歩かもしれないけれど・・
本格的にもっと日本は農業で始まった国だから
農業を根本的に見直さないといけない気がするけどね
[ 2013/05/30 10:36 ] [ 編集 ]

うめじろう さん

ありがとうございます。
山間のこんな棚田を見ると撮りたい衝動に駆られてしまいます。
雪がようやく融けて春を迎えた棚田は、空気が澄んで気持ちよい光景です。
[ 2013/05/30 15:15 ] [ 編集 ]

ぱふぱふ さん

ありがとうございます。
農業も従事する人でが不足し、機械化されて、こんな小さな田は機械も入れられなく、徐々に休耕田になっていきそうです。
たぶん最後の写真の田は、そんな関係でもう廃田になったものと思います。
[ 2013/05/30 15:33 ] [ 編集 ]

こんばんわ 私には三枚目が一番かな~
これをTOPにしてもいい位です
3枚目 道が随分細そうにみえるけど
車の擦れ違いは無理ですか?
水をはった田に空が映りこむのは素敵です
この前の車が30台も止まってた道路は3枚目の
道路より幅広で丈夫かもしれませんね
棚田 大昔からの汗の賜物。
[ 2013/05/30 17:38 ] [ 編集 ]

モズライト さん

ありがとうございます。
3枚目が一番日本の原風景ですね。
ここの田は昨年の稲株もないようでしたので、もう廃田かも知れません。
車のすれ違いはチョット無理のようですが、所々広いスペースはあるみたいです。
星峠の道はここの道より広いのですが、片側に駐車スペースのラインが引かれていますので、除くと同じくらいです。
[ 2013/05/30 19:35 ] [ 編集 ]

棚田の風景を拝見し
日本の芸術を感じます。
実際 一度も 見た事がありませんので
情報を得て 出掛けたいと思います

pp。
[ 2013/05/30 19:49 ] [ 編集 ]

こんばんは(*'▽')

棚田というのは恐らく日本全国の山村がそうかもしれません。
平野が少ないですから傾斜地でも田畑を作りたいですものね。
棚田の農家は何をするにも不便でしょうけど、
こんな頑張っているにおいのする山村風景は好きですねぇ。
[ 2013/05/30 21:04 ] [ 編集 ]

トマトの夢3 さん

ありがとうございます。
棚田はたぶん過去に見られたことがなくても、何故か懐かしさを感じると思います。
日本人の心にしみた情景なんでしょうね。
是非一度「棚田撮り旅」してみてください。
そして情緒あふれるポイムの世界を拝見させてください。
[ 2013/05/30 21:17 ] [ 編集 ]

徒然草 さん

ありがとうございます。
棚田を維持するのは大変と思います。
かって田植え、稲刈りを手作業でした経験がありますが、今思えば大変な重労働です。
機械で出来ない田はこれからどんどん廃田になっていくような気がします。
(我が家は以前農業をしていましたが、機械貧乏回避のために農業止めました)
[ 2013/05/30 21:24 ] [ 編集 ]

棚田

向こうの棚田まで見通せる俯瞰の棚田も好いですが、、、、

題名のような「原風景棚田」。
こようのな風景の方が、安らぎを感じます。
立派は棚田には興奮を覚えます。

3枚の写真、下から順に私の好みです。

応援PP。
[ 2013/05/31 12:34 ] [ 編集 ]

ijin さん

ありがとうございます。
山に囲まれ、細い道が通ずるだけのひっそりした田の方が、昔ながらの懐かしさを感じるのかもしれません。
最後の田は道の舗装やコンクリートの土留めがなく、細い山道であれば、なお懐かしさが出たと思います。
[ 2013/05/31 13:42 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://yuuyuuetigo.blog.fc2.com/tb.php/209-b4b82bbd