川の朝靄

《川の朝靄》   小千谷市 国道117号線沿いの信濃川 (2013.06.某日撮影)
5月下旬に、関東甲信地方が梅雨入りしてから半月以上経つのに、まだ当地北陸地方は梅雨入りしません。
何日か続いた快晴気候も、15日の雨からは晴れたり曇ったりではっきりした天候になりません。
今日は傘マークの天気予報で、いよいよ梅雨入り宣言がだされるかも知れません。
晴れの日が多かったなかで、久し振りに雨が降った朝に、川にかかった朝靄の様子です。

川の朝靄
13.06.18-1川の朝靄

13.06.18-2川の朝靄

13.06.18-3川の朝靄

Blog・Rankingに参加しています。
よろしかったら “ポチ”お願いします。


にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
ありがとうございます
[ 2013/06/18 00:00 ] 新潟県 小千谷市 | TB(0) | CM(14)

こんにちは(^^)

朝靄の山麓風景が墨絵のようです。
僅かに緑が現実に呼び戻してくれます。
日本の風景の情緒は素晴らしいですね。
カメラに収めた感性に拍手です。
[ 2013/06/18 15:00 ] [ 編集 ]

朝の気温がまだ低くて・・
こちらでは見られない現象・・懐かしいです
長野にいがたによく出かけた朝早く
何度も出会って写しましたね
自然の中にいるって気がしますね
[ 2013/06/18 15:33 ] [ 編集 ]

川霧

masa さん、こんにちは♪

川霧・・・この情景が見たくて、撮りたくてと思っているのですが・・・
小千谷市内の信濃川で発生するのでしょうか?

幻想的で感動いたしますね。
素晴らしい情景であります。

糸魚川の不動滝、行ってまいりました。
しかし生憎の小雨。ヒスイ峡はガスって何も見えませんでした(笑)
後日アップいたします。
御笑覧下さい。
[ 2013/06/18 15:46 ] [ 編集 ]

徒然草さん

ありがとうございます。
雨が降った直ぐ後で、気温も下がって、湿度は上がって気候が創り出してくれる光景ですね。
予定はこの光景とは違っていたのですが、川からの靄の立ち上がりを写せて満足しています。
[ 2013/06/18 16:15 ] [ 編集 ]

ぱふぱふ  さん

ありがとうございます。
自然の光景ですね。
朝の早い時間でないとなかなか見れませんので、早起きが必要ですが、早起きの甲斐があります。
長野は気温も下がるでしょうから、もっと雄壮なのかもしれません。
[ 2013/06/18 16:18 ] [ 編集 ]

おじしゃん さん

ありがとうございます。
この日は山本山展望台から霧を写すつもりで 行ったのですが、展望台は濃霧でなにも見えず.
下がって「ふれあいの里」からも靄がかかり過ぎてNG.
また下がって、117号線の道沿いから撮った写真です。
(霧の状態によってこの3パターンがよいみたいです)
糸魚川不動滝楽しみにしています。
[ 2013/06/18 16:29 ] [ 編集 ]

すごい朝もやですね。
信濃川の水面からのもやはあまり見たことがありません。
一枚目は幻想的な写真で朝の雰囲気がただよって見えます(^○^)
[ 2013/06/18 17:26 ] [ 編集 ]

雨上がり 靄の立ち込める 風景は
幻想的ですね。
水彩画を 重ねて拝見しているようです。

[ 2013/06/18 20:37 ] [ 編集 ]

ララ さん

ありがとうございます。
狙いはもう少し上からの朝靄だったのですが、見える範囲を探して降りてきたら117号まで下がってしまいました。
信濃川の此処は好きなポイントです。
[ 2013/06/18 21:25 ] [ 編集 ]

トマトの夢3 さん

ありがとうございます。
晴れた日では何の変哲もない光景ですが、靄が立つことによって幻想的になってくれます。
雲、霧、靄、自然が作ってくれる光景はおもしろいですね。
[ 2013/06/18 21:30 ] [ 編集 ]

こんばんは

僕はカメラを始めるまでは霧とか霞は嫌いでした。
前が見えなくて、景色が楽しめないと思っていたのですが
カメラを始めてから、この美しさに気がつきました^^
素晴らしいですね~~一幅の画を見ているようです!

ポチッ全部!
[ 2013/06/18 22:48 ] [ 編集 ]

朝の湿った空気が感じられます。
正に日本の朝。
佳景寂寞として心澄みゆくのみおぼゆ・・・です。
あ、芭蕉の立石寺、拝借しちゃいました (^-^;
[ 2013/06/18 22:50 ] [ 編集 ]

土佐けん さん

ありがとうございます。
私も初めたばかりは、霧や靄は邪魔だったのですが、あまり平凡な画になりすぎてつまらなく感じました。
雲の形や、霧、靄、その他自然によって生まれる景観を今は求めている気がします。
[ 2013/06/19 09:27 ] [ 編集 ]

うめじろう さん

ありがとうございます。
>佳景寂寞として心澄みゆくのみおぼゆ
うめじろうさんは博学者ですね。
私には意味不明で、早速調べました。

私も、芭蕉同様”侘び・寂び”を感じながらこの写真を撮りました!・・・と格好付けたいものですが、まだその心境には至っていません(笑)
[ 2013/06/19 09:37 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://yuuyuuetigo.blog.fc2.com/tb.php/228-427958c3