FC2ブログ








山里の棚田

《山里の棚田》   十日町市松之山 (2013.06.22撮影)

昨日は朝から大粒の雨が降ったり止んだりで、雨を覚悟の棚田撮影に出かけました。
十日町市松の山にある「留守原の棚田」
ここは、萱葺きの小屋と棚田を撮れるということで、多くのカメラマンガ訪れた棚田です。
しかし、3.11の東日本大震災の次の日、3月12日に発生した「新潟長野県境地震」で山の斜面が崩落し、
一時は復旧困難とも言われましたが、復旧作業が進められ、昨年稲作も行なわれた棚田です。
以前の面影が残っているか心配しながら向かいましたが、少し角ばった所も多くなりましたが見事に復旧してました。

復旧された山里の棚田(留守原の棚田)
13.06.23-1山里の棚田

13.06.23-2山里の棚田

13.06.23-3山里の棚田

Blog・Rankingに参加しています。
よろしかったら “ポチ”お願いします。


にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
ありがとうございます
[ 2013/06/23 00:00 ] 新潟県 十日町市 | TB(0) | CM(12)

こんばんは!

masaさん、こんばんは!
いつか撮ろう!と思っていて
未だに撮れていない棚田です 泣)
多くの災害に見舞われた松の山ですね!
復旧されたと言っても、ご苦労の多い棚田のようです。
そんな多くの思いを素晴らしいアングルで切取られています。
素晴らしいです。ありがとうございます。
[ 2013/06/23 02:40 ] [ 編集 ]

こんにちは(*'▽')

平野の少ない日本ですからね。
斜面を切り開いた棚田は各地で見られますが、
日本の風景のひとつですねぇ。
何処から水をひいてくるのか農家の知恵と工夫があるのだと思います。
茅葺の農業小屋の存在がとてもいいアクセントになってますね。
[ 2013/06/23 14:13 ] [ 編集 ]

かやぶきの農作業小屋と棚田、良いですね。こういう風景に惹かれます。こちらも遠くまで行けばこんな風景蛾あるのでしょうが。さがすのがやっかいです。日本の原風景にpです。
[ 2013/06/23 16:31 ] [ 編集 ]

私も大厳寺高原の後にこの棚田に行ってきました。
震災後で、道が遮断され裏道から何度か行きましたが、稲作は行われていませんでした。
復活してよかったですね~
道もかなり綺麗になっていましたね。
[ 2013/06/23 16:59 ] [ 編集 ]

makira さん

ありがとうございます。
ここの復旧には多くの方の努力があったようです。
ボランテアの人達も多く集まり田植え作業をされたようです。
棚田は、残したい日本の原風景ですね。
[ 2013/06/23 17:42 ] [ 編集 ]

徒然草 さん

ありがとうございます。
茅葺きの小屋を守ろうと、地元の人達は屋根の雪下ろし、周りの雪堀大変苦労しています。
復旧も地元の人と、ボランテアの人達の熱意の結果でしょう。
棚田を撮るカメラマンにとってはありがたいことです。
[ 2013/06/23 17:47 ] [ 編集 ]

fukuchan  さん

ありがとうございます。
この茅葺きの小屋が、この棚田を引き立ててくれています。
地元の人達が雪による倒壊を防ぐよう苦労されているみたいです。
棚田にぴったりの小屋ですね。
[ 2013/06/23 17:51 ] [ 編集 ]

Masami Tanamoto さん

ありがとうございます。
ここも寄られていましたか。
私も地震以来初めて訪れましたが、棚田も、道もここまで再現され、復旧しているとは思いませんでした。
いつまでも残してもらいたい光景と思っています。
[ 2013/06/23 17:54 ] [ 編集 ]

茅葺きの小屋が 棚田を 見守っているようです
棚田の シンボルの小屋。
復旧に至るまで 大変な ご苦労ですね。
[ 2013/06/23 20:37 ] [ 編集 ]

こんばんは

二年前の地震で崩落したんですか・・・
良くここまで復旧しましたよね^^
棚田は日本の原風景ですから
いつまでも残して行きたいですね^^

ポチッ全部!
[ 2013/06/23 22:19 ] [ 編集 ]

トマトの夢3 さん

ありがとうございます。
この茅葺きの小屋を守る活動が、NHKのTVで放映されたこともあります。
地域の若者とボランテアがこの風景を残すために、多くの努力をしていることに感動してます。
[ 2013/06/24 09:19 ] [ 編集 ]

土佐けん  さん

ありがとうございます。
地震前の棚田風景は見に行ったことがあったのですが、地震後初めて訪れましたが、ここまで復旧するとは思いませんでした。
ちゃんと茅葺き小屋も残され、今後また多くのカメラマンさんが訪れると思います。
[ 2013/06/24 09:23 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://yuuyuuetigo.blog.fc2.com/tb.php/233-938a6590