FC2ブログ








梅雨の里

《梅雨の里》 刈羽村油田 ひだまりの里 (2013.07.03撮影)
ここは隣の刈羽村油田(あぶらでん)にある「ひだまりの里」です。
古民家再生プロジェクトで、「子どもたちのための古民家再生委員会」が主となり再生された萱葺きの家です。
蛍の名所としても知られ、この時期は蛍撮影の方も多く来られます。
この萱葺きの家を背景に蛍を撮りたいと3~4回通いましたが、今年は蛍が少なく未だにまともの写真が撮れていません。

それではと、雨降りの日の夕方に雨の民家を撮ろうとしましたが、雨粒の撮影は失敗でした(雨の画は難しい!!)
ここの紹介方々雨粒の見えない写真を載せます。

梅雨の雨に濡れる茅葺きの家
13.07.07-1梅雨の里

13.07.07-2梅雨の里

Blog・Rankingに参加しています。
よろしかったら “ポチ”お願いします。


にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
ありがとうございます
[ 2013/07/07 00:00 ] 新潟県 刈羽村 | TB(0) | CM(22)

古民家再生プロジェクト、素晴らしいですね。
萱葺きだとお手入れや修繕なども大変なのでしょうが
ぜひともずっと後世に残してもらいたいです。

雨に濡れて生き生きとした緑に萱葺きの家、
日本の素晴らしい風景がここに!
日本昔話を髣髴とさせる雰囲気ですね(^^)
[ 2013/07/07 01:59 ] [ 編集 ]

古民家は最近保護されていても減ってゆきますね
私の故郷もそうでしたが・・いまはもうすっかり近代的な家になってます。
世話する人の熱意だけが頼りですね・・
[ 2013/07/07 05:06 ] [ 編集 ]

美しい屋根に惹かれておじゃまします。
雨粒はともかく、雨に濡れた茅葺き屋根がすてきですね。
2階建てになっているのでしょうか?私の身近には見ることのない形の建物で、興味深いです。なんとか末永く残されていくと良いですね。
[ 2013/07/07 07:52 ] [ 編集 ]

こんなロケーションの中でで蛍を見ることが出来たら最高ですね。
何とも心が落ち着ける風景です。

稲架掛けが生活感を醸し出していて惹かれます。
羽生田にあった母の田舎の家もこのようでした。

蛍狩りに行く時は、蛇に気をつけるよう言われたことを思い出します。
良く見かけましたから・・・。


[ 2013/07/07 14:33 ] [ 編集 ]

こんにちは

妙に心が落ち着く風景ですね
こういう写真 大好きですよ
二枚目 最高です!^^
ずっと後世にまで 残してほしい風景ですね
[ 2013/07/07 15:16 ] [ 編集 ]

こんにちは(*'▽')

しっとりとした絵になって古民家の歴史が写っているようです。
茅葺屋根の伝統技術を後継する人が少なくなっているでしょうね。

2枚目左上の空間が山間の雰囲気を出していますね。
何処かしらホッと落ち着ける風景です。
[ 2013/07/07 15:18 ] [ 編集 ]

日本の原風景を見るみたいです。こんな景色みれなくなりまし。た
[ 2013/07/07 18:29 ] [ 編集 ]

Mika さん

ありがとうございます。
再生した家とは思い無いほど古くからここにあったような佇まいです
ここの周りにはもう蛍が飛び交っているのですが、家の画角無いに飛んでくれず、未だ蛍の画は撮れずじまいですが、近隣の子供を集めての蛍イベント・コンサートなども開催されます。
[ 2013/07/07 18:58 ] [ 編集 ]

ぱふぱふ さん

ありがとうございます。
茅葺きの手入れも大変そうです。何年に一回は張り替えが必要でしょうし、段段張り替えを出来る人もいなくなるでしょうから。
いろんな所でまだこんな茅葺き屋根の古民家もあるようですが、これからが大変ですね。
[ 2013/07/07 19:02 ] [ 編集 ]

やや さん

ありがとうございます。
雨粒は失敗でしたが、このような茅葺きの古民家が紹介できて良かったと思っています。
外からは二階建てのように見えますが、残念ながら中にはまだ入ったことがありませんので分かりません(すいません)
二階があっても物置程度と思いますが。

[ 2013/07/07 19:09 ] [ 編集 ]

北さん  さん

ありがとうございます。
蛍はこの近くの茂みのはかなり飛び交っているのですが、家の前をあまり飛んでくれず、写真に出来ないでいます。
ハサギは今も使っているか分りませんが、前の田の稲刈り頃また訪れたいと思います。
ハサギに稲が掛かっていたら、また紹介します。
[ 2013/07/07 19:14 ] [ 編集 ]

ユウスケ さん

ありがとうございます。
心が落ち着くのは日本人だからでしょうね。
まさに日本の原風景で懐かしさがあるのでぢょうね。
こんな民家を懐かしいと思える世代がいつまで続くかですね。
[ 2013/07/07 19:17 ] [ 編集 ]

徒然草 さん

ありがとうございます。
この日は写真では表現できませんでしたが、コウモリ傘を差しての雨の中の撮影でした。
後ろの山に靄が掛っているのが分りましたでしょうか。
構図を考えている余裕がないほど雨は降っていたのですが、少しはしっとり感が出たでしょうか。
ここは色々取り合わせを考えて時々撮りに来ようと思っています。
[ 2013/07/07 19:23 ] [ 編集 ]

fukuchan さん

ありがとうございます。
茅葺きの古民家も少なくなってきましたね。
後生まで残そうとする取り組みはいろんな所でありますが、これからの維持は大変のようです。
[ 2013/07/07 19:26 ] [ 編集 ]

こんばんは。

萱葺き屋根の管理 手入れ 大変なようですね
是非 存続して頂きたいと思いますね
落ち着き 和む 雰囲気が好きです☆
[ 2013/07/07 20:41 ] [ 編集 ]

トマトの夢3 さん

ありがとうございます。
古民家を維持して行くには、屋根の葺き替えが必要になると思いますが、出来る人が少なくなる中大変なことと思います。
こんな古民家が将来の子供にも見てもらえるよう、頑張って維持をお願いしたいものです。
[ 2013/07/07 21:18 ] [ 編集 ]

ありがとうございます!

こういう風景を見たかったんです!
日本の原風景。
あるんですね。ちゃんと。
再生プロジェクト万歳!
masaさんのお写真に大感謝です!

2枚目の構図。
まるでその時代にタイムスリップして撮ってきたかのようです!
[ 2013/07/07 22:49 ] [ 編集 ]

うめじろう さん

ありはとうございます。
ここは蛍のために残しておいたのですが、なかなかこの家の前を蛍が飛んでくれませんので、やむなく載せました。
茅葺きの古民家はワビサビを感じますね。

蛍はもう一回行ってみてダメなら今年はあきらめます。
[ 2013/07/07 23:36 ] [ 編集 ]

こんばんは!

masaさん、こんばんは!
古民家いいですね!大好きです。
「古民家再生プロジェクト」最高です♪
子供達には日本の古き良き時代の文化を
残してあげたいですね♪
今日も心に残る作品をありがとうございます。
P☆!
[ 2013/07/07 23:46 ] [ 編集 ]

茅葺屋根のある風景を久しぶりに見ました。
風情があり、懐かしの心もほのぼのする風景ですね。
このような風景を見てしまうと、慌しく過ごしている自分が、嫌になってしまいますね。

気持ちだけでも、ゆとりを持って過ごしたいと思います。
[ 2013/07/08 05:46 ] [ 編集 ]

Masami Tanamoto さん

ありがとうございます。
当地柏崎にも、茅葺きの里「荻ノ島集落」がありますが、徐々に古民家も減り、改築もされたりして、このように元の状態で残っているのは少ないと思います。
このような古民家を見て風情を感じ、懐かしさを感じ、穏やかな気持ちになれるのは日本人の心にある和の気持ちでしょうか。
[ 2013/07/08 08:46 ] [ 編集 ]

makira さん

ありがとうございます。
お礼遅れ申し訳ございません。

ここの地区の人達が率先して立ち上げた会のようですが、子供達を大切にし、古き時代を後生に残そうとする取り組みはすばらしいですね。
ここの撮影をするときはそんな気持ちの一端を考えながら撮影したいと思います。
[ 2013/07/08 20:35 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://yuuyuuetigo.blog.fc2.com/tb.php/249-4c5ac5bb