FC2ブログ








古木

《古木》  長野県戸隠  (2013.07.14撮影)
戸隠紀行第二弾、昨日の“枯れ木”から時代を少し逆行します。
戸隠奥社の参道のイメージは“杉”の木の方も多いと思いますが、参道脇の雑木も長年ここを見守ってきました。
奥社入口の鳥居から、奥社までの1kmの参道でみられた古木です。

参道を守る古木たち。(同じような撮り方になってしまいました)
13.07.19-1古木

13.07.19-2古木

13.07.19-3古木

13.07.19-4古木

13.07.19-5古木

Blog・Rankingに参加しています。
よろしかったら “ポチ”お願いします。


にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
ありがとうございます
[ 2013/07/19 00:00 ] 長野県 | TB(0) | CM(12)

そういえば、明治神宮の森には花の咲く植物は一切植えていないようです。あのような近世になってから人工的に造った森と違い、こちらは、あるがままずっとやってきた森。
花の咲く植物の有無は存じませんが、邪気をすくい取るような大切な働きをしていそうな感じに見えます。
[ 2013/07/19 06:58 ] [ 編集 ]

AzTak さん

ありがとうございます。
花も野草は多く咲いていましたが、小さな脇役ですね。
この参道のメーンはやはり古くからの杉並木と、道まで覆いかぶってくる雑木の緑でしょうか。
邪気を払えたかは分りませんが、気分は爽やかでした。
[ 2013/07/19 09:24 ] [ 編集 ]

おはようございます
厳しい雪に耐えている木は色々な形をして苦労がしのばれますね 
緑が滴るようです
[ 2013/07/19 09:59 ] [ 編集 ]

森に入ると心が少しづつ
澄んでゆくのが分かりますよね
森のいやし効果でしょうね
意味もなく森を壊してきたため
今は少なくなってますが~
沢山次世代にも残したいね
[ 2013/07/19 11:48 ] [ 編集 ]

おきなそう さん

ありがとうございます。
戸隠も雪の量は少ないかもしれませんが、冬の気温はかなり低いと思いますので、それに耐える木々も気候に順応して時を重ねていますね。
この時期の緑は濃く、清々しい参道を歩かせていただきました。
[ 2013/07/19 14:23 ] [ 編集 ]

ぱふぱふ さん

ありがとうございます。
緑はいいですね。
長い参道もこの緑によって、爽やかに歩くことが出来ました。
(坂道は応えましたが!)
[ 2013/07/19 14:25 ] [ 編集 ]

こんばんは(*'▽')

長い年月同じところに立ち続けている木々。
じっと見ていると風格がただよってくるような気がします。

緑の葉っぱが暑い陽射しを受けて命を育むのでしょうね。
お蔭で木陰は涼しそう。
冬季は雪の重みや寒さに耐えてじっと立ち続けるのですから大した生命力です。
[ 2013/07/19 20:50 ] [ 編集 ]

徒然草 さん

ありがとうございます。
長年ここに佇みながら、参道を歩く人達を見つめ、緑のスクリーンで爽やかさを与えて来た木々です。
冬は冷たい風に耐えて、春また若葉を茂らせる。
自然の循環が古木の勇姿を作りあげたようです。
[ 2013/07/19 22:24 ] [ 編集 ]

こんばんは

こう言う木は見ておりません・・・
途中で引き返したんだから当たり前ですね~
雰囲気の良い、木々の佇まいですね^^
ここって、吉永小百合さんのJR東日本のCMで
名を馳せたんですよね^^

ポチッ全部!
[ 2013/07/19 23:41 ] [ 編集 ]

堂々たる存在感を持つ古木には畏敬の念を禁じ得ません。
森を育み、そこに暮らす生き物達も育んできたのですね。
[ 2013/07/20 00:00 ] [ 編集 ]

土佐けん さん

ありがとうございます。
かなり早く途中から引き返したようですね。
ここに載せた木々は、まだ参道入り口の雑木林にあった木です。
この後が坂も急になり辛い道のりになります。
JR吉永小百合さん、良く覚えておられますね。
「大人になったらしたいこと」ですね。
[ 2013/07/20 20:57 ] [ 編集 ]

うめじろう  さん

ありがとうございます。
ここの神社は歴史がありますので、その参道も歴史を刻み、周りの木々も歴史を刻んできたのでしょうね。
[ 2013/07/20 20:59 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://yuuyuuetigo.blog.fc2.com/tb.php/261-3f83c4c1