FC2ブログ








伝説の滝

《伝説の滝》    新潟県十日町市田代 「七ツ釜」 (2013.08.11撮影)
県内の滝紀行に戻ります。
十日町市の田代にある「七ツ釜」は右岸が断面層、左岸が切り立った縦層という学術的にも大変珍しい景観です。
その昔、男が弁天様との約束を破り「投網」を打ったため滝つぼの主である大蛇の怒りをかい命を失ったという「七ツ釜伝説」があります。
平成7年の土砂災害により滝全体が崩壊したため復旧がなされ、平成9年秋に全国初の擬岩による砂防ダムが完成し、崩壊前の滝に近い型で復元されました。(HPから)
復旧工事により人の手は入ったものの、伝説の残る「名勝・天然記念物」の滝です。

「七ツ釜」の景観=今日は全体画を!(1~4の滝は確認できましたが、下流の滝には行くことが出来ず見られませんでした)

1~4の滝
13.08.19-1七ツ釜滝

1~3の滝
13.08.19-2七ツ釜滝

滝に通ずる階段(疲れました!)
13.08.19-3七ツ釜滝

Blog・Rankingに参加しています。
よろしかったら “ポチ”お願いします。


にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
ありがとうございます
[ 2013/08/19 00:00 ] 新潟県 十日町市 | TB(0) | CM(18)

どうしてこんなふうな景観が形成されたのかわかりませんが、自然の造形美は見事なほどです。
水は清く冷たいんでしょうね。水に浸らなくても渓谷の冷気が火照った身体をクールダウンしてくれそうですね。
[ 2013/08/19 08:36 ] [ 編集 ]

滝の写真は坂の昇り降りが大変なんですよね。
でも滝を見ると疲れが飛んじゃってまた行きたくなるのだから
滝の魅力は不思議です。
[ 2013/08/19 10:09 ] [ 編集 ]

伝説の滝っていうのがあるんですね・・
十日町は素通りすることが多かったので
余り知りませんが・・機会見つけて
出かけてみたくなりましたね
[ 2013/08/19 10:24 ] [ 編集 ]

AzTak さん

ありがとうございます。
1段と2段目の角張った形状は人工的と思いますが、周りの柱状節理と同じような形状にした石を積み重ねて再現したようです。
[ 2013/08/19 13:13 ] [ 編集 ]

ララ さん

ありがとうございます。
さすがにここの昇り降りには苦労しました。
降りるときに帰りの昇りが頭をよぎりましたが、見たい一心で降りましたので、帰りは自業自得だったのですが、疲れました。
[ 2013/08/19 13:17 ] [ 編集 ]

ぱふぱふ さん

ありがとうございます。
人の手が入ったとはいえ、滝は見応えありました。
帰りの昇りは辛かったですが!
機会があったら是非訪れてくださ。
[ 2013/08/19 13:19 ] [ 編集 ]

こんにちは(*'▽')

川を境に全く違った地層とは・・・???
その昔大地がひっくり返ったのですかね。
なんか珍しいのですね。
それよりこう毎日暑いと緑の渓流がとっても涼しげですぅ。
[ 2013/08/19 15:00 ] [ 編集 ]

右側の岩の質感がよいですね~

>全国初の擬岩による砂防ダム・・・
以前にもこの滝の写真を見たことがありますが
自然のものだと思っていました。

手前の流れといいかっこいい滝ですね。
[ 2013/08/19 18:29 ] [ 編集 ]

こんばんは

伝説に興味があります
穏やかな 滝の流れがいいですね☆
[ 2013/08/19 20:17 ] [ 編集 ]

徒然草 さん

ありがとうございます。
滝の左右が違っているのは珍しいですね。
滝に向って左側に降りられますので、そこでの撮影でした。
所により滑るので、慎重に!慎重に!歩いての撮影でした。
[ 2013/08/19 22:15 ] [ 編集 ]

Masami Tanamoto  さん

ありがというございます。
一、二段目は人の手が入ったように直線的な形状ですが、岩が柱状節理になっていますのでそれほど違和感がありません。
水の流れも綺麗ですし、滝壺も澄んで形も良買ったです。
軽装備で行った方がいいですね、帰りの登りは疲れます。
[ 2013/08/19 22:20 ] [ 編集 ]

トマトの夢3 さん

ありがとうございます。
伝説の内容は、230年ほど前、近くの村庄屋の太田新右衛門が釜の主の大蛇との約束を破って、一回きりの投げ網を、魚が多く捕れたので何回も投じたところ、大蛇が怒って、新右衛門の家に七回り半も巻きついて狂い死にさせたという事だそうです。
恐ろしや、恐ろしや!です。
[ 2013/08/19 22:29 ] [ 編集 ]

masaさん、こんにちは♪

変った景観のところにある滝ですね。
切り立った岩壁の断面が模様のようできれいです。
伝説もあるんですね、ロマンがプラスで
滝の見え方も少し違ってくるような気がします(^^)♪

一枚目、二枚目の素晴らしい景色を拝見して
三枚目の階段で、思わず
「私には無理・・・」と呟いてしまいました(笑)
幅も狭そうで、上りにくかったのではないですか?
[ 2013/08/19 22:42 ] [ 編集 ]

こんばんは

高知へ帰省している間の記事を遡って拝見しました^^
滝あり、朝景あり、盛りだくさんで感動しながら
見せて頂きました^^
特に 山本山高原「沢山ポケットパーク」の画の
グラデーションの美しさに惹きこまれてしまいました^^

ポチッ全部!
[ 2013/08/19 23:06 ] [ 編集 ]

Mika さん

ありがとうございます。
少し人の手が入ったことが残念ですが、苦労して再現されたと思います。
奇形の岩と流れる水が綺麗でした。
撮り終わった後の登りの階段は疲れましたが、行って良かったと思っています。
階段は人が通るには充分でしたが、階段のない道がこの下にあり、そこは草をかき分けでした。
出来れば秋もう一度!と思っていますが、根性が有ればの話です。
[ 2013/08/19 23:29 ] [ 編集 ]

土佐けん  さん

ありがとうございます。
帰省お疲れ様でした。
連休中は毎日が暑く、朝夕しか行動出来ませんでしたので、朝と夕の写真が多くなってしまいました。
早朝の写真は涼しい中で撮ることが出来ました。
このところうっすら靄のかかる日が多かったので、少しぼけた感じになってしまいましたが、それはそれでいいのかと思っています。
[ 2013/08/19 23:34 ] [ 編集 ]

擬岩による砂防ダムですか。
素晴らしいアイディアですね。
自然を守り自然と向き合う人間の知恵でしょうか。

滝が復元されて良かったですね。
[ 2013/08/20 00:19 ] [ 編集 ]

うめじろう さん

ありがとうございます。
良くこんな擬岩を積み上げて造ったものです。
自然に近い景観を再現してくれた事に感謝ですね。
[ 2013/08/20 08:38 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://yuuyuuetigo.blog.fc2.com/tb.php/291-329b08e8