FC2ブログ








きつねの夜祭り

《きつねの夜祭り》 柏崎市高柳 栃ケ原・漆島 (2013.10. 13撮影)
昨日開催された柏崎市高柳地区の「きつねの夜祭り」です。(幻想的な夜の祭りをご覧下さい)
柏崎市高柳町栃ヶ原地区に伝わる「藤五郎きつね」という民話をモチーフに、平成元年から始まったお祭りです。
 ( 「藤五郎きつね」についてはこちらを http://www.jonnobi-takayanagi.jp/legend/tougoroufox.html )
栃ヶ原神社前で畳一畳の大油揚げを揚げ、提灯をかざして約3kmの山道を麓の漆島地区まで、きつね姿の皆さんが行列します。
その後、大油揚げが参加者に振る舞われ、幻想的なきつね踊りが舞われるなど、きつねの夜の祭りです。

きつねの夜祭りの様子

栃ケ原で神事が行われます。
13.10.14-1狐の夜祭り

栃ケ原から漆島までの3kmの山道を、きつねの行列が出発します。
13.10.14-2狐の夜祭り

13.10.14-3狐の夜祭り

大油揚げもきつねによって運ばれます。
13.10.14-4狐の夜祭り

老若男女のきつねの提灯行列が後に続きます。
13.10.14-5狐の夜祭り

3kmの山道を歩いたきつねが「漆島」につきました。
13.10.14-6の夜祭り

13.10.14-7狐の夜祭り

漆島での奉納儀式の後、参加者に大油揚げが振る舞われます。
13.10.14-8狐の夜祭り

幻想的な「きつねの舞」が始まります。
13.10.14-9狐の夜祭り

13.10.14-10狐の夜祭り

13.10.14-11狐の夜祭り

きつねの舞が終わり「きつねの夜祭り」神事が終了します。(この後歌謡ショウなどのイベントはまだまだ続きました)
13.10.14-12狐の夜祭り


Blog・Rankingに参加しています。
よろしかったら “ポチ”お願いします。


にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
ありがとうございます
[ 2013/10/14 00:00 ] 新潟県 柏崎市 | TB(0) | CM(20)

幻想的というか摩訶不思議な世界というか、滅多にお目にかかることができないようなお祭りのようですね。古い歴史の祭りかと思いきや、案外に新しい創作祭りなんですね。うーーん、イケル感じ。

こんなに暗い状況なのに、画面がすごく素敵で驚きました。
三脚を使用したのか、ストロボを使用したのかと使用した場合のGNはどれくらい、ISO感度はどれくらい、レンズの明るさははどれくらい、…気になることばかりです。
それにしても見事なものです。
[ 2013/10/14 09:32 ] [ 編集 ]

すごい!!知りませんでしたね・・
この時期の行われるんですね・・面白い夜祭りですね
キツネさんのお祭りは各地にありますが・・
ここは本格的ですね
[ 2013/10/14 09:45 ] [ 編集 ]

非日常の世界、

  こんにちは
masaさん素敵なイベントの写真に溶け込めてる感覚で拝見してます、有り難う。
[ 2013/10/14 10:49 ] [ 編集 ]

「きつねの夜祭り」 面白いお祭りですね(^O^☆♪
地域の老若男女の皆さんが一体となって
お祭りを盛り上げている様子が、こちらにも伝わって来ました~♪
[ 2013/10/14 15:57 ] [ 編集 ]

行かれましたね

masa さん、こんばんは★

狐の夜祭、行かれましたね。
早い時間から行かれたのですか?
こちらは4時頃現地到着となりました。

画像が鮮明ですね、素晴らしいです。
三脚を使われたのでしょうね。
こちらは横着をこいて手持ち、ブレの山でありました(笑)

素晴らしい狐さんを拝見させていただきました・
[ 2013/10/14 17:56 ] [ 編集 ]

AzTak さん

ありがとうございます。
神話は古くからあった見たいですがこの行事事態はまだ25年ですから新しいですね。
踊りも創作舞踏で毎年変っているようです。
初めは三脚なしで手持ちで撮影しましたが、後半は三脚使用です。
全87シャッター、内ボケNG6、構図NGはここに載せた全部?(載せたのもNGの部類かも)です。
ISOは全般は400で後半は800 F2.8~8で撮りました。
[ 2013/10/14 20:01 ] [ 編集 ]

ぱふぱふ  さん

ありがとうございます。
実は私も今回始めて見ました。
狐の提灯行列から狐の舞まで幻想的で感激しました。
3kmの山道を行列する姿が本当は一番のクライマックスですが、山道で危ないことから撮影禁止になっています。
山道を提灯の明りが蛇行しながら降りてくる様子はなお幻想的ですよ。
[ 2013/10/14 20:06 ] [ 編集 ]

umi925 さん

ありがとうございます。
同じ柏崎ながら離れた地域にありますので、私も始めてこの行事は見させてもらいました。
感動でした!ワクワクしながら撮っていました。
[ 2013/10/14 20:10 ] [ 編集 ]

よしみ70  さん

ありがというございます。
ここの住民の方が地域活性化の「夢追い人」になっているのに感動しました。
二つの村が一緒になって昔の神話を伝えていくことのすばらしい行事です。
[ 2013/10/14 20:20 ] [ 編集 ]

おじしゃん  さん

ありがとうございます。
情報をいただき行ってきました。
私が栃ヶ原に着いたのが15:30頃です。
初めての撮影ですので方々をぶらりぶらりしながら撮影ポイントを探していました。
栃が原は私も手持ち撮影でしたが、流石に漆島は三脚を立てました。(8枚目は脚立に昇って手持ちです)
今回のためにストロボ買いました。予定外の出費(涙)
[ 2013/10/14 20:28 ] [ 編集 ]

こんばんは。

始め拝見しました。
個性ある 行事ですね。
夜祭 狐さん ユニークで楽しいですね☆
[ 2013/10/14 21:57 ] [ 編集 ]

「藤五郎きつね」という民話・・・どんな昔話なのかなと検索しましたが、話そのものは見つかりませんでした。
ただ、畳一帖ほどの大きさの油揚げを作っているのにはびっくりしました。
新しい祭興し・・・若いエネルギーがありますね。
それにしても3キロの山道を歩くのですか・・驚きです。
自分達で新しい祭を創っていく・・・楽しいでしょうねえ。
[ 2013/10/14 22:11 ] [ 編集 ]

こんばんは

幻想的で、少しおどろおどろしいお祭りですね^^
小さなお子様には少し怖いんじゃないですか?
暗い中での撮影、お見事です!

ポチッ全部!
[ 2013/10/14 22:49 ] [ 編集 ]

平成元年とはまだ新しいお祭りですね。
けど、徐々に歴史を重ねて、後世に伝えられていって、歴史のあるお祭りになっていくんでしょうね。
それにしても幻想的な舞ですね。
[ 2013/10/14 23:28 ] [ 編集 ]

masaさん、こんにちは♪

きつねのお面に白装束、幻想的でありながら
ちらりとユーモアも見られるお祭りですね。
私はすごく見てみたい!と思いましたが
小さい子供はちょっと怖がりそうかな(笑)
まだそんなに古いお祭りではないのですね。
これからも、ずーっと続く土地のお祭りになればよいですね。
[ 2013/10/14 23:31 ] [ 編集 ]

トマトの夢3 さん

ありがとうございます。
狐さんは愛嬌タップリで、サービス精神も旺盛でした。
狐の舞は、創作舞ながらいい踊りで感動しました。
[ 2013/10/15 08:09 ] [ 編集 ]

北さん さん

ありがとうございます。
3kmの山道は細く狐道と称されています。
暗い山の中に提灯の明かりが並んで通る光景は幻想的です。
ここの地域の若い人が中心となって行事を継続させていますが、創作のアイデアと実行力には敬服します。
[ 2013/10/15 08:21 ] [ 編集 ]

土佐けん  さん

ありがとうございます。
今回は初めてストロボを使ってみました。
夕方のまだ少し明るいときも使ってみましたが、周りが暗く写ってしまい、使う時の状況判断が必要と感じました。
狐さんの仕草はある意味滑稽でしたので小さい子どもも怖がっていませんでしたよ。
[ 2013/10/15 08:22 ] [ 編集 ]

vin  さん

ありがとうございます。
平成元年から毎年続けられ、今年は25回目になりますが、これからも継続して伝えて貰いたい行事です。
[ 2013/10/15 08:27 ] [ 編集 ]

Mika  さん

ありがとうございます。
狐の仕草はユニークでしたよ。
ユニークな中にも狐の舞は周りを暗くして火の明かりで踊りますから幻想的な感じがします。
(フラッシュの明かりは絶え間なく光っていましたが)
小さな子どもも油揚げを口にしながら楽しんでいたようです。
[ 2013/10/15 08:31 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://yuuyuuetigo.blog.fc2.com/tb.php/348-17c118a1