冬の予感

《冬の予感》   新潟県柏崎市番神岬(2013.11.30撮影)
いよいよ12月に入りました。2013年も後一ヶ月です。
1年を振り返るにはまだ早いと思いますが、そろそろ忘年会の時期を迎えています。
今年の忘年会は何回?まだ確定してませんが、早速今日から始ります。
12月に入ると、いよいよ冬の季節を迎えたかの如く、海の様子は冬の様相に変わって来ています。
当市番神岬!に荒れる波と空の雲が冬を予感させます
(番神岬:1274年佐渡に流罪となっていた日蓮聖人が赦免され、佐渡から寺泊に向かう途中嵐で漂流し、漂着したのがこの岬です)

冬を予感させる海の様子です。
13.12.01-1冬の予感

13.12.01-2冬の予感

Blog・Rankingに参加しています。
よろしかったら “ポチ”お願いします。


にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
ありがとうございます
[ 2013/12/01 00:00 ] 新潟県 柏崎市 | TB(0) | CM(22)

冬来るですね

そうですね
山育ちの 私は海から遠いのですが
日本海の 海 荒海撮ってみたいです
寒そうな 海 荒海 上手く写されていますね
[ 2013/12/01 01:13 ] [ 編集 ]

さすがうまいですねえ〜
灰色に覆われた世界にスポットライトが差し込んで浮き上がっているようです。
寒さをこらえての力作に素晴らしいの一言です。
[ 2013/12/01 06:22 ] [ 編集 ]

なるほど、あの鳥居はそういう所でしたか
夏に夕日を撮りに行ったとき何だろうと思っていました

冬の荒れた海の様子が良いですね
[ 2013/12/01 07:48 ] [ 編集 ]

何日か前の海と比べて、かなりいきり立っている海という感じですね。これぞ、冬の猛々しい日本海の走りの絵だなあと思いました。

日蓮さんは此処でも漂流したんですか。横須賀沖でも漂流し、猿島にやっとのことでたどり着いたんですが、常人ならざる人の試練だったのでしょうか。
[ 2013/12/01 09:06 ] [ 編集 ]

冬の厳しさを感じさせる素晴らしいお写真ですね。

番神岬には、そんな謂れがあるのですか!
知りませんでした
岬の朱色の鳥居が荒海に印象的ですね。
[ 2013/12/01 11:44 ] [ 編集 ]

新潟の海ですね。新潟市内の友人の所に遊びにいったとき,バンダイ橋から海岸より歩いたとき、海から蒸気がわいているような気がしました。あの雲が雪雲になるんですね。ここは日蓮上人が漂着した所ですか。有名な所ですね。前ポちです。
[ 2013/12/01 12:57 ] [ 編集 ]

ユウスケ さん

ありがとうございます。
山から比べると海は殺風景かも知れませんが、これからの海は荒れた名もの形がおもしろいかも知れません。
海は近いのですが、何時も山の方に足が向いています。
この冬は少し海も撮ろうかと思っています。
[ 2013/12/01 17:28 ] [ 編集 ]

ララ さん

ありがとうございます。
寒さは山ほどではないと思っていますが、この日は風が強く、砂浜の砂が飛んできて苦労しました。
カメラには環境よくないですね。
[ 2013/12/01 17:30 ] [ 編集 ]

ぼびぱぱ  さん

ありがとうございます。
ブログに書かず誤解があったかも知れませんが、この鳥居は日蓮とは関係ありません。
鳥居が二つありますが、左は「弁財天」右は「龍宮両大竜王神」が奉られてあります。
日蓮にゆかりある寺は岬の上に「番神堂」があります。
[ 2013/12/01 17:43 ] [ 編集 ]

AzTak さん

ありがとうございます。
ここの海は砂地ですのでまだ波も小さいと思います。
海底が岩になっている所の波はもっと大きいですし、打ち砕ける飛沫もすさまじいですね。
同じ日、他の所の波も撮りましたので後日載せる予定です。
[ 2013/12/01 17:48 ] [ 編集 ]

よしみ70  さん

ありがとうございます。
ここはこの赤い鳥居がポイントになっていますが、沖に見えた雲の隙間の光と、波がいい光景を作ってくれました。
冬の荒れた海がいよいよ始まりました。
[ 2013/12/01 17:56 ] [ 編集 ]

fukuchan さん

ありがとうございます。
大陸からの季節風がこれから強くなってきます。
運ばれた水分がアルプスの山に遮られ雪となって積もります。
これからこんな色の空が多くなります。
[ 2013/12/01 18:01 ] [ 編集 ]

なんか神々しいです!
1枚目に度肝を抜かれました。
いやー、露出が素晴らしいですね!
[ 2013/12/01 20:09 ] [ 編集 ]

こんばんは。

岩の上の赤い鳥居がポイントですね。
思わず 手を併せたくなるようです。
[ 2013/12/01 20:21 ] [ 編集 ]

鉛色の世界、

  こんばんは
優しく包み込む青い海が粗々しく拒んでるような鉛色に変わって 厳しい季節の到来 如何してなのか何時の海にも魅かれます。
[ 2013/12/01 21:12 ] [ 編集 ]

鉛色の海、低い雲、白い波頭・・・朱の鳥居
美しい上に厳しさが伝わります。
[ 2013/12/01 21:13 ] [ 編集 ]

自分の持っている日本海のイメージそのものです。
何か印象派の絵画を見ているようです。
紅い鳥居が絵を引き締めているようですね。
凄い写真だな~と思います。
[ 2013/12/01 22:46 ] [ 編集 ]

うめじろう さん

ありがとうございます。
赤の鳥居が目立ちすぎました。
この写真は、風と砂が厳しかったので、サブのサブカメラとレンズで撮りました。
このカメラの方が私には合っているのかも知れません。
[ 2013/12/02 13:29 ] [ 編集 ]

トマトの夢3 さん

ありがとうございます。
左の鳥居には、七福神中の紅一点「弁財天」が奉られています。
手を合わせてください。
男性に”もて”ますよ。
(ア、もうもてているから充分ですね)
[ 2013/12/02 13:37 ] [ 編集 ]

umi925 さん

ありがとうございます。
鉛色の空と荒れる波!日本海の冬の姿ですね。
雲の隙間から漏れる少しの陽の光が癒やしてくれています。
[ 2013/12/02 13:39 ] [ 編集 ]

だちょう さん

ありがとうございます。
厳しい冬がいよいよやってきました。
少しの日の光が、厳しさを和らいでくれています。
[ 2013/12/02 13:42 ] [ 編集 ]

北さん  さん

ありがとうございます。
冬の時期になると空は鉛色で、色彩のない世界は始まります。
赤い鳥居が良いポイントになってくれました。
[ 2013/12/02 13:45 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://yuuyuuetigo.blog.fc2.com/tb.php/398-8351f340