苔生す庭

《苔生す庭》  石川県金沢市「兼六園」(2014.01.18撮影)
更に「兼六園」の様子を続けます。
「兼六園」の景観“六勝”の一つ“蒼古”でしょうか?庭園内で感じた、日本の心「侘び」「寂び」の光景です。

蒼古:苔生す庭です。
14.01.22-1苔生す庭

14.01.22-2苔生す庭

14.01.22-3苔生す庭

14.01.22-4苔生す庭

Blog・Rankingに参加しています。
よろしかったら “ポチ”お願いします。


にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
ありがとうございます

[ 2014/01/22 00:00 ] 石川県 | TB(0) | CM(28)

おはようございます

見事な苔の広がりですね~
有名な京都のお寺に匹敵するくらいの苔^^

でも、これが1月の金沢の風景とは思えないよう緑の青々さ
心がホッとするような景色ですね

[ 2014/01/22 08:58 ] [ 編集 ]

今度は金沢に行かれましたか。
兼六園は雪がないんですか?てっきり同じくらいかと思っていました。
木の根っ子が日本庭園を象徴しているようです。
[ 2014/01/22 09:12 ] [ 編集 ]

苔がこんなに美しいとは!
これが兼六園の風格ですね。
見事です。
[ 2014/01/22 09:36 ] [ 編集 ]

丁寧にみられて

こんにちは。
ツアーでしか行った事がありません。
駆け足してるようで、
じっくり鑑賞した事がありませんでした。
素敵な庭ですね。
カレンダーで見る写真より、見ごたえがあります。
[ 2014/01/22 12:07 ] [ 編集 ]

こんにちは♪
兼六園の「六勝」シリーズですね(^^)

これに第7勝の「雪」(素晴らしい言葉が思いつきません)が加わると趣が変わってきますが、雪が積もると苔むす雰囲気は出なかったでしょうね。
ある意味、ラッキーだったのかな。

毎日係の方々がこの苔を丁寧に世話されています。細かな気配りがあってこその「蒼古」なんでしょうね。

いつもありがとうございます(^^)。
[ 2014/01/22 12:30 ] [ 編集 ]

兼六園の名前の謂れを検証しているんですね。テーマを決めて、それにそって撮るのも、手あたり次第に撮るのとはまた違った面白さがあるんでしょうね。美の再発見といったところですね。
それにしても、苔生す庭は情緒があっていいものですね。昔は我が家にも庭があり、それなりに苔が生えていました。それを眺めるのが楽しみでしたが、個人の家では、なかなかそういう贅沢をするのは難しいようです。
[ 2014/01/22 14:07 ] [ 編集 ]

くろすけ さん

コメントありがとうございます。
ここは、水と苔の綺麗な公園です。
苔の様子を撮れたのも、雪がなかったからですね。
[ 2014/01/22 16:03 ] [ 編集 ]

ララ さん

コメントありがとうございます。
雪は少なかったですね。(例年に比べ少ないようです)
雪を狙って行ったのですが、雪の変わりに苔の美が目立ちましたので撮ってきました。

[ 2014/01/22 16:06 ] [ 編集 ]

aunt carrot  さん

コメントありがとうございます。
池の畔に生えた苔が歴史を感じますね。
木々にも緑の苔が生えて、日本の庭園を象徴するかのようです。
[ 2014/01/22 16:09 ] [ 編集 ]

こんにちは。
見事な苔ですね。
冬枯れの景色の中、苔の色合いが
趣を醸し出していますね。

今の時期、この色合いですと、
温かくなりますと、一層素敵な色合いになり、
兼六園の美しさを引き立てることでしょうね。
pp☆。
[ 2014/01/22 16:12 ] [ 編集 ]

ノンビリサン sachiko さん

コメントありがとうございます。
園内を隈無く見て歩くにはかなりの時間を要しますね。
私も次があったので、目に付くところをさっと眺めた程度ですが、ゆっくり観賞してみたいですね。
[ 2014/01/22 16:13 ] [ 編集 ]

まっさ さん

コメントありがとうございます。
ここの良さは地元の方が一番知っておられると思いますが、苔の庭園も良かったのかなと今では思っています。
7勝の「雪」は次回の楽しみにしておきます。
苔の手入れ苦労されているのでしょうね。
日本三大庭園、維持するのも大変ですね。
[ 2014/01/22 16:17 ] [ 編集 ]

AzTak さん

コメントありがとうございます。
実は、テーマは後から付けました。
撮影しているときは“六勝”は考えていませんでした。
ただ“六勝”と言われるように、綺麗と思ったところは、それなりに“六勝”に当てはまりますね。
苔生す庭園は、日本人の好む景観ですね。
[ 2014/01/22 16:23 ] [ 編集 ]

兼六園はクラブツーリズムの弾丸ツアーでしか行った事がありません。
苔が風情あって、雰囲気良いですねー!

ポチポチ!
[ 2014/01/22 18:53 ] [ 編集 ]

takasegawa8 さん

コメントありがとうございます。
春には、苔の緑がなお一層鮮やかになるのでしょうね。
川や池の水、整えられた松の形、池の縁に生える苔と、ここの良さは多く、見応えありますね。
春の新緑時期の光景も撮ってみたくなりました。
[ 2014/01/22 19:46 ] [ 編集 ]

いやー、1枚目と4枚目の作品があまりにも美し過ぎて。
目が釘付けになりました!
[ 2014/01/22 20:47 ] [ 編集 ]

onorinbeck さん

コメントありがとうございます。
兼六園はゆっくり時間をかけて見る価値がありますね。(そういいながら私の滞在時間は1時間10分でした)
苔の庭園は和の風情があって、日本人の心に染み入るものがありますね。
[ 2014/01/22 20:52 ] [ 編集 ]

こんばんは!

masaさん、こんばんは!
苔むす寺などとよく言いますが、
苔むすとは歳月を重ねたと言う意味のようです。
兼六園の永い歳月が育んだ苔なんですね!
いたるところに年月の証としての苔が
庭園の「侘び」「寂び」を現していますね!
短い撮影時間の間に抑えるところは
ちゃんと押さえていらっしゃるところは流石です。
一日かけてゆっくり散策したいですね 笑)
応援P☆!
[ 2014/01/22 21:16 ] [ 編集 ]

兼六園を満喫~、

  こんばんは
masaさん 丁寧に紹介して頂けて感謝です、訪れた時にこんなにも と 見落としていました
兼六園の素晴しさを満喫です。
[ 2014/01/22 21:50 ] [ 編集 ]

こんばんは。

美しい緑の苔が庭園を彩っていますね
年月を感じられますね
そして 心落ち着く 兼六園 素晴らしいですね。
[ 2014/01/22 21:51 ] [ 編集 ]

こんばんは

庭園で見る苔って良いですよね~~
何故か引き寄せられてしまいます^^
和の心を感じるんでしょうか?
京都に行くと僕もよく苔を撮影しております^^

ポチッ全部!
[ 2014/01/22 22:04 ] [ 編集 ]

masaさん、こんにちは♪

こういう風景は見ていて落ち着きます。
苔の色合いもそんな風に感じさせるのでしょうか。

こちらでハイキングに行った時
苔のある風景を目にした夫が一言「日本風だ!」と(笑)
「侘び」「寂び」はわからなくても
苔生した風景から日本を感じ取ったようです。
なんだかちょっぴり嬉しかったです♪
[ 2014/01/22 22:10 ] [ 編集 ]

うめじろう さん

コメントありがとうございます。
1枚目は私も気に入って載せました。
水辺の石に生える苔と、周りの景観による静寂に惹かれました。
[ 2014/01/22 22:46 ] [ 編集 ]

makira さん

コメントありがとうございます。
長い年月を積み重ねてこの景観が生まれたのでしょうね。
苔がそれを象徴するかのように感じました。
撮影は短時間で済ませてしまいましたので、もっとここの良さがあったのかもしれません。
雪がなかったことで、撮影しているときは少し意気消沈気味で、時間をかけて撮ればと、今後悔しています。
[ 2014/01/22 22:51 ] [ 編集 ]

umi925 さん

コメントありがとうございます。
まだまだここの良さを紹介するには不十分かも知れません。
もっとゆっくり観察するべきだったと、今は後悔しています。
次回への宿題ですね。
[ 2014/01/22 22:53 ] [ 編集 ]

トマトの夢3  さん

コメントありがとうございます。
苔の生えた和風の庭園は心落ち着きますね。
年月を重ねた苔と、それを管理する方の努力のたまものですね。
流石、日本三大庭園と云う気がしました。
[ 2014/01/22 22:56 ] [ 編集 ]

土佐けん  さん

コメントありがとうございます。
京都の庭園に似ていますね。
苔生す庭は日本人の気持ちに安らぎを与えてくれますね。
[ 2014/01/22 22:59 ] [ 編集 ]

Mika  さん

コメントありがとうございます。
苔はやはり和のイメージですね。
緑に敷詰められた苔の光景で、安らぎを感じるのは日本の心ですね。
ご主人に日本を感じて頂ける事は、苔が和を象徴しているのでしょうね。
[ 2014/01/22 23:05 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://yuuyuuetigo.blog.fc2.com/tb.php/453-2fe69e09