雪国の街並み

《雪国の街並み》 新潟県南魚沼市塩沢「牧之通り」(2014.03.09撮影)
“鈴木牧之”(すずきぼくし)ご存じですか?
越後の国、魚沼郡塩沢で生まれ(1770年)、江戸の人々が越後の雪の多さを知らないことに驚き、雪を主題とし、地元を紹介した随筆家です。
俳諧、書画、文筆も行い、名著「北越雪譜(ほくえつせっぷ)」は江戸で出版され、当時のベストセラーとなりました。

「牧之通り(ぼくしどおり)」はかつて三国街道沿いの宿場町として栄えた歴史のある通りで、通りの名称は鈴木牧之の名前にちなんでつけらました。
江戸時代の宿場町の風景を再現し、雪国ならでは雁木が整備され、電線類は地中化し、歩道は石畳み舗装など伝統的な工法を用いています。
平成23年度に「都市景観大賞(都市景観部門)」「手づくり郷土賞(一般部門)」を受賞した通りです。

古き時代を再現した、新しい雪国の街並みです。
14.03.11-1雪国の街

14.03.11-2雪国の街

14.03.11-3雪国の街

14.03.11-4雪国の街

※年度末で本業が忙しくなりますので、しばらくコメント欄閉じさせていただきます。
  写真掲載は毎日載せるつもりでいますが、ランキングはしばらく参加を見合わせます。(再度参加時には応援よろしくお願いいたします)
  拍手欄は開けておきますので、ご指導・ご意見のある方は拍手コメントをお願いいたします。
  拍手して頂いた全てにお礼は出来ないと思いますが、皆さんのブログ訪問時にお礼コメントさせていただきます。


[ 2014/03/11 00:00 ] 新潟県 南魚沼市 | TB(-) | CM(-)