「長谷川邸」を訪ねて

「♪月がわびしい~ 路地裏の 屋台の酒の ほろ苦さ~」
この唄わかりますか?(チャンチキオケサ)
「お客様は、神さまです」で有名な“故三波春夫”さんの生地“塚野山。
「もみじ園」の帰りに、長岡市塚野山にある「旧長谷川邸」に寄ってきました。
ここも「初訪問」になります。

江戸時代初期から、代々庄屋を勤めた長谷川家の「古民家」です。
新潟県にはこのほか至る所に“豪農の館”があります。(いずれ写真紹介予定)
入り口門が当日改修中で少し残念でしたが“古き館の情緒”をご覧下さい。

長谷川邸(2012.11.11 撮影)
入り口の「解説看板」
12.11.17-0長谷川邸

裏木戸門でしょうか(残念ながら正門は改修工事中で撮影出来ず)
12.11.17-1長谷川邸

母屋の横から
12.11.17-2長川邸

母屋の中から
12.11.17-4長谷川邸


母屋の裏側と中庭(明治時代にこの中庭で”テニス”をしていたそうです)
12.11.17-3長谷川邸
(中央の窓に映る”青”は、正門工事中のブルーシートが! 残念!!!)

[ 2012/11/17 06:23 ] 新潟県 長岡市 | TB(0) | CM(2)

こんにちは

三波春夫さんを始め、昭和の歌謡史に燦然と輝く
名歌手たちは、ほとんど世を去りましたねえ
えっ!!
『今度はお前の番』ですってv-12

三波春夫さんの生地は、こんな田舎だったのですね
知りませんでした。

3枚目の写真に一票です。
[ 2012/11/17 14:08 ] [ 編集 ]

訪問ありがとうございます。

私の歳は、やはり「昭和演歌」です。
カラオケでは、場違いもわきまえず
”演歌””演歌”です。

写真は”NOW”でありたいですが?
[ 2012/11/17 20:48 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://yuuyuuetigo.blog.fc2.com/tb.php/7-4e9e3d5b