倒木

2015.03.07-1倒木

2015.03.07-2倒木

2015.03.07-3倒木
福島県猪苗代町天神浜(2015.02.21影)

猪苗代湖の“しぶき氷”を見に行くには、天神浜の駐車場から湖岸まで約20分の細い松林の雪道を歩きます。
今回しぶき氷は、時期を逸して撮ることが出来ませんでしたが、向かう道中で見る事が出来た、冬の木々の様子を捉えてみました。

雪に耐えて力尽きた木々の姿です。

コメント頂いた方には、出来る限りお礼・返信をさせて頂きます。(諸事情により出来ない時はお許し下さい)
拍手コメントは嬉しく拝見させて頂いておりますが、お礼・返信は控えさせて頂きます。(返信の必要な方はコメント欄にてお願い致します)
Blog・Rankingに参加しています。
皆さんの応援が励みになります。 クリックよろしくお願い致します。


にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
ありがとうございます

[ 2015/03/07 00:00 ] 福島県 | TB(0) | CM(22)

こんばんは^^

根元の部分が見えず、判りませんが、まだ命を残した樹木なのでしょうか?
重たい雪や強風に耐えられず、力尽きたシーンだとしたら悲しみを感じます。
逆に、耐えきって春の訪れを迎えられたのなら、よく頑張ったと言って
あげたいような姿ですね^^

7日、信越線~北越急行線を日帰りで巡る事にしました。
写真も撮りますが、今回はあと1週間で第3セクターになる信越線、
特急電車が廃止になる北越急行線を乗ってくる旅にしようと思っています^^
[ 2015/03/07 00:44 ] [ 編集 ]

おはようございます

ほんとに樹木と雪の戦いですね。
それでも樹木はまだ枝で地面を支えて抵抗しているように見えます。
たくましい生命力と自然の厳しさ両方を垣間見ることができました。
[ 2015/03/07 04:15 ] [ 編集 ]

:S-masaさん

倒木 その倒れたのちも残る 命の偉大さ
その姿の芸術性
厳しい季節に耐えたこと 懸命に生きた証
お写真が語っています
[ 2015/03/07 06:48 ] [ 編集 ]

せっかく大きくなったのに、倒れた木も悔しいことでしょうね。倒れるか持ちこたえるかは紙一重のところでしょうが、あいにく地盤がしっかりしていなかったのでしょうかね。
次に生まれてくるときには天寿を全うできるようにしてほしいものです。
[ 2015/03/07 08:14 ] [ 編集 ]

この冬は、例年以上の豪雪。
じっと春を待っていた樹木も力尽きた姿なのですね。
自然の厳しさとともに命の尊さを感じます。
pp☆。
[ 2015/03/07 09:15 ] [ 編集 ]

足跡付けに行きたくなりました。
つい赤ピラを付けてみたいところですね。

世代交代はよくありますが、ちょっと切ない思いもあります。
倒木をまったぐ時、長い間お疲れだったねと声かける時もあります。


なかなかのんびり山へ行かれません。
見せていただき、急いでいかなくちゃと思いました。
[ 2015/03/07 13:32 ] [ 編集 ]

こんばんは。
雪に耐えて、力尽きたカンジ
がよく表現されていて、また
この風景もよいですね。
松林の雪道の木々、倒れた木。
冬を実感できた風景でした。
[ 2015/03/07 18:18 ] [ 編集 ]

倒木ですか
今年は雪が少なかったのに
倒木が多く森が透けて見えるところがありますね
自然の流れが変わり始めたのかな~
[ 2015/03/07 20:07 ] [ 編集 ]

こんばんは☆

木にも心があるように思います。
力尽き倒れた瞬間
無念だったことでしょうね。
姿を拝見し 切ないです。。

倒木に亡き父を重ねてしまいました。
素敵な写真に、 すみません 。。。☆
[ 2015/03/07 21:47 ] [ 編集 ]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2015/03/07 22:43 ] [ 編集 ]

初めまして。

いつも素晴らしい日本の風景に魅入ってしまっています。
雪景色の倒木…斬新な切り取り方で絵になるものなんですね。

お聞きしたいのですが、
前の記事(1月11日)姥捨PAからの「夜景の街」は、
季節的にこれからでも見られるでしょうか?
拝見した時から「絶対に行く」と決めているのですが…(苦笑)。
[ 2015/03/07 23:35 ] [ 編集 ]

くろすけ さん

コメントありがとうございます。
根元から倒れた木、途中で折れた木色々ありましたが、
冬の雪や湖からの風に耐えた木ですね。
信越線、ほくほく線の旅はどうでしたか?
私ももう少しで廃止となるトワイライトを本日撮ってきました。
[ 2015/03/08 10:20 ] [ 編集 ]

cobo-fe さん

コメントありがとうございます。
枝がまだ踏ん張っていますね。
生命力の強さを感じますね。
[ 2015/03/08 10:23 ] [ 編集 ]

りら さん

コメントありがとうございます。 
林の中で倒木は目立ちます。
自然の厳しさが造る光景ですね。
力尽き倒れた木に愛着を感じます。
[ 2015/03/08 10:33 ] [ 編集 ]

AzTak さん

コメントありがとうございます。
太い木が倒れていました。
それほど自然の力、厳しさは強いのでしょうね。
1枚目、3枚目は沼のほとりに倒れていました、地盤の為かも知れませんね。
[ 2015/03/08 10:37 ] [ 編集 ]

kiyomizu7 さん

コメントありがとうございます。
冬に耐えることができなかった木ですね。
無念だったことでしょう。
少し悲哀を感じました。
[ 2015/03/08 10:42 ] [ 編集 ]

はなこ さん

コメントありがとうございます。
山の木も今年の冬に耐えられず倒れた木も多くあったでしょうね。
雪の林の中を往復40分程歩きましたが、倒れた木、折れた枝が沢山ありました。
ご苦労様でした!ですね。
[ 2015/03/08 10:45 ] [ 編集 ]

rupuria さん

コメントありがとうございます。  
冬の終わりかけの松林の姿ですね。
毎年こんな光景が繰り返されるのでしょうね。
[ 2015/03/08 10:49 ] [ 編集 ]

higemajin さん

コメントありがとうございます。
1枚目、3枚目の雪原は、湖に繋がっている沼のような所です。
今年の雪は地域のよって大雪の所と、少雪の所があったようです。
気候も変わっているのかも知れません。
[ 2015/03/08 10:52 ] [ 編集 ]

トマトの夢3 さん

コメントありがとうございます。
木も無念だったでしょうね。
頑張って、踏ん張って最後は力尽きた木に拍手を送りたいですね。
お父さんも頑張った方だったのでしょうね。
[ 2015/03/08 10:56 ] [ 編集 ]

鍵コメ(M)さん

コメントありがとうございます。
少しは参考になったでしょうか。
私はまだ初心者ですので、色々試しながら撮っています。
[ 2015/03/08 11:00 ] [ 編集 ]

kanmo さん

初めまして。
コメントありがとうございます。
2014.1.12掲載の姨捨SAからの写真でしょうか?
雲や、朝霧は天候にも寄ると思いますが、夜景はいつでもOKかと思います。
長野自動車道上り線のSAが良いと思います。
[ 2015/03/08 11:11 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://yuuyuuetigo.blog.fc2.com/tb.php/853-b400b250